RO小説本編の目次  >  賢者の海の目次
       

 

 

 





おかーさま!
わー

「おかあさま!」

バタバタバタバタ!!


え?

「え?分かるの?え?写真で?(落ち着け)」


おかえり。メイチー。

やれやれ、という顔で出迎えるレオナルド。

わーっ

満面の笑みで片手を上げるメイチー。


---------------------------------------------------


あの~

トントントントン

何度も背中を叩く。


天界に行った美織(メイチー。天界での読みは「みおり」)

は先程からずっと喬一(シャオイー。天界での読みは「きょういち」)

を抱きしめながら(でもへたり込み合いながら)

ずっと下を向いているのを直すために背中を叩きまくっていた。


言葉も出ないようだ。
(喬一)


えーと、だから、


「天人が出産したら一時的に長期仮眠状態になって。
あ、植物人間状態じゃないです。養分は要らない状態なのですが。
そういう状態になるので、、

麻薬要素を抜く良い機会だと思って、、一芝居を・・・」

(※麻薬要素については過去「むらさき」参照)


美織「喬一さん・・・」


天人によっては違うんだけど、早い人は半年ぐらいで目が覚めて、
遅い人は3年くらい掛かるんだって。


2年で良かった・・・

美織「シャオイーさん、聞いてる?」


麻薬要素を抜くチャンスだの何年くらい掛かるだの。

何を言っているのか分からない喬一。



あ、そうそう


名前、気に入ってくれた?

亀怜、鶴怜。
(きれい、かくれい)

怜なる(賢い)亀と、鶴・・・



し~ん・・・


・・・


しゃべらない喬一。


喬一さんてば!


そのまま、ず~~~~~っと抱きしめていたけど、

ぼ~~~~~っとしたままの喬一。



アレクシスは腕を組みながら、何とかならないかなーと言っていた。

(彼はすぐに復活した←ゴルゴ並みの復活力)



前回の、

------------------------------

ね~ぇ、おにいたま

なに スアレン~


うふふふふ
ふふふふ


いつもふたりで秘密の会話をしていた。

------------------------------


これは、「お母様って生きてるんだよねー」「しーっ!」

ずっと秘密にするの大変だねーっ でもふたりで頑張ろうよっ

だね!


的な・・・

会話だったのだ。

2歳児の。



レオナルドもわざわざ葬儀の大掛かりな芝居まで打って・・・(略)



喬一はとても疲れてしまった。


「天人の出産って全然資料とかないから分かりようがなくて。

まぁゼロじゃなかったんだろうけど・・・さかのぼりさえすれば、、何とか症例くらいはあったんだろうけど」


アレクシス「厭な、、予感は感じていたけれど、天人が出産する際の長期仮眠を『消滅』と誤解してしまったんだな」


「そうね・・・」
とメイチー。



喬一「うそつき!」

美織が厨房で色々テキトウなものを作っている(手際が悪いので時間が掛かる)時に

喬一が厨房にのそっと入ってきて 言った。


あ・・・

振り返るのが恐い美織。


喬一は「バタッ」と壁に寄り掛かった。


呆けているようだった。


そのさまを遠くから見てしまったアレクシス。

「(まぁ2年もだまされてたらどうしようもないかな)」

今回だけは勘弁してやるよ。

ため息を付きながら ふたりを見守った。

そして喬一の精神状態を密かに心配し、ジェラルド先生に看てもらった方がいいのではないか、的なことを考えていた。



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「ふたつのもの」  NEXT「清浄」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟