RO小説本編の目次  >  閑話休題の目次
       

 

 

 

うそつき



マリアンはシャドウチェイサーになった。

(※シャドウチェイサー=ならず者系の最上位職)

マリアン。

過去、「夜桜の精」で出てきた、リリアの親友のあのマリアンである。


ジャワイの従業員として働いて、、お金を貯めて、少しだけのお金で我慢出来ずに

サッサと冒険者になった。


元々運動能力の高いマリアン。

いや、、先天的に素晴らしい肉体を持つマリアン。

次々とモンスターをなぎたおし、衰えることのない溢れるスタミナを惜しげもなく使い、

連日連日遊ぶようにレベル上げをした。


当然、常人よりも早く上位職に転職し、かなり早く三次職(最上位職)になった。


彼女はローグ系(ならず者職)になるのが大の夢だったのだ。


悪者って好きだけ悪いこと出来るから楽しそうじゃん?

そんな風に楽しくニッコリ笑いながらずーっと夢見ていたのだ。



「アガッ・・・」
うなされる彼女。

当初は毎晩、リリアが何者かにかみ殺されるような錯覚を覚えていた。


「うあっ・・・あーっ!!!」

飛び起きて、、「・・・リリア・・・」とつぶやく。

くそっ!みっともねぇ!!
ガンッ、と壁を軽く蹴る・・・



そして八つ当たりする。

モンスターに。


わざと強いモンスターに立ち向かう。

そして瞬殺。


あまりにも苦しい時は「戦闘不能」になろう!とボスモンスターのところに行く。

(※戦闘不能=戦えなくて倒れてしまう状態)


でもボスモンスターさえ、、倒してしまうのだ。

全部が全部ではない。

10回に1回ぐらいだが、、



「リリアぁ・・・」


うそつきぃ・・・


洞窟だ。

洞窟にいる。


だから声が響く。



うそつぎぃぃいいい



ずっと一緒に居るって言ったじゃんか


売られたって なんだってさ

それでも帰ってくんの待ってたんだよ


生きてさえいればいつだって あたしたちは会えるでしょ


何があったって 繋がってるって

思ってたのは私だけだったの?


あなたは私を離したの?


ばか!!

じゃああたしの方からあんたなんて捨ててやるから!!


来たって 幽霊になって来たって拒んでやる!!


うそつきうそつき!!


ずっと待ってたのに!


あんたなんて大嫌いよ!

ばか!!




じゅるるぅぅぅる・・・・



ボスモンスターの体液が流れている。



「・・・御免ねぇ。。八つ当たりしちゃって」


御免ねぇ・・・


およそ ローグ系職らしくないことを口走るマリアン。



リリアぁ


リリアぁ


会いたいのにさ

会いたいのにどうして


どうしてよう


あたし 待ってたのに



あんたなんて「マリアン御免なさい」ってずっと地界で泣き喚いてればいいのよ


叫んでればいいのよ


ばーか





・・・あたしはね、怒ると怖いのよ


あんただって容赦しないんだから、、



マリアンは悲しかった。


喜怒哀楽のない、、いや、喜怒哀楽の無くなったリリアが

かなり分かりにくくなってしまったが、愛する男(=アルフォンス)が出来て、


その男と一緒に暮らしていて、、


「(流行り病で亡くなる前に、、会いに来て欲しかったのよ)」



邪魔しちゃ悪いからって 会いに行くの遠慮してたのに。


あたしよりその男の方が大切だったわけ、、


ばーか


ばーか


リリアは、、お転婆だったのに。

10歳で両親に売られ、13歳で愛する許婚に先立たれてしまった。


幼い頃にそんな経験をダブルでくらえば、誰も変わる。


リリアは人が変わってしまった。

それを遠くから見たし、そういう噂だって流れまくってた。



「(でも私のこと大好きだと思ったから

どうなろうと会いに来ると、、思ったのよ)」



・・・




数十年後に。

彼女は、全てのローグ系職たちを取りまとめる総首領?のような存在になった。

(マリアン50代成り立ての頃)


「あたし、冒険者になるのが夢なの!リリアも当然なるでしょ?」

ジャワイで働いていた あの少女が、こんな風になるとは、、誰が予想しただろうか・・・



現代ファンタジーのオンライン小説 | ものもの



BACK「にたもの」  NEXT「深い想い」


WEB CLAP  ひとことでいいですよ。&感想書き逃げ大歓迎同盟