現代ファンタジー・創作小説



小さな世界 | 現代ファンタジー小説

小さな世界 > 第3章「ミルフィーユ」

Jet Stream

E層の理々と裕也にとって、F層はパン・オンラインだ。
理々の精神の世界が、F層パン・オンライン。

しかしそれは三次元だ。
そして他のプレイヤーも自由に行き来出来るところからしてあまりE層と変わりはない。

そして、
理々と裕也にとって「物語」である妃羽たちの世界。
それが「G層」である。
本の上の世界なのだから『創作話』なのである。



カキンッ!

ピーッ
「You've reached the Level 52.
Congratulations!」


はぁっ はぁっ

ぐっと汗を拭う。

理々「(まだLv52。ナイトにすらなれない)」

剣にこめる力が増す。



騎士のクラスチェンジ一覧

ファイター

ナイト(Lv100で到達)

ソードマスター(Lv200で到達)

ロードナイト(Lv500で到達)

パラディン(Lv700で到達)

フェンリルナイト(Lv1000で到達)

エンペリシャス(封印されている)


次々に敵をやつけ、回復剤を飲まずに木蔭で休み・・・
再度敵をやつけ、自然治癒を待つ。

汗だくな理々の体。

『ミラティー(最高回復剤)、ホラ。たくさん。
自由に使っ、、』

理々『いーんです!情けは要らない!
大丈夫ですから!』


ピーッ
空間に三角を描き、アイテム一覧を見る。

『ミラティー:999個』


ふぅ
ため息をついて空間を閉じる理々。


~♪

目を開ける。

「え?」
左右を見渡す。


♪♪

「・・・」

Jet Streamだ・・・
思わず声に出す理々。


幼い頃を思い出す彼女。
音楽が好きで、クラッシック、ポップ、ロック、ブルース、バラード、シャンソン。
何でも好んでいた。
その中で彼女が特に好きだったのが Jet Stream - 美しい海の詩 - であった。


理々は顔を輝かせた。
あ、そうそう。次は「エーゲ海の真珠」で・・・。

ハッ
空を見上げると

Could I provide a joy to you?(楽しんでもらえた?)

雲の文字が出ていた。


そうか
「(私の世界だから、私好みのものが・・・)」

♪♪


女性『こんな時間に御免なさい
○月に演奏会があって。
午前中お留守だったから』

女性『音楽はやはり良いですね』



空想上の、理々の母親の友人。
そう言っていたのだ。
(by そして


しばらく鼻歌を歌う理々。


下に行けば立場が低くなる。

『上の層の人間は、下に割りと簡単に行ける。
立場も優位になる』

愛花『・・・こんな風に『層』がある。
幾重にも』

そよ・・・(風)

妃羽・・・
あるはずのない場所に手で探す動作をする理々。

理々「(うちにある。続き読まなくちゃ
図書館のを全部読むの大変だから全巻買ったのよね
・・・誰が書いてるんだろ
まだ、完結してないのよね)」


「(・・・妃羽の世界が『G層』なのかな)」

目をつぶる理々。

Jet Streamを聴きながら

「(妃羽の『森林』聴きたいな
妃羽、逢いたいな、、
どんな、、音楽が流れているの?)」


理々たちにとっては「創作のお話」である『妃羽の世界』。


そのまま、理々は溶けるように寝入ってしまった。


小さな世界 | 現代ファンタジー小説  

BACK「二匹」  NEXT「『月光』」

Copyright(C) Rainbowsheep All Rights Reserved.