This site is written with
Furukotofumi's new interpretation.
Furukotofumi -  it is generally called Kojiki - is a Japanese myth.

新解釈の古事記(こじき or ふることふみ)

世間一般に広く(多分)知られている「古事記」。
それを、私の解釈で書いてみました。

新解釈の古事記


新解釈の古事記今伝えられている伝承は、長年の時を経て、
伝言ゲームのように、元々の話とはかなりかけ離れたあべこべなもの?
になっているかもしれません。


 新解釈の古事記新解釈の古事記 伝言ゲームは、小学校の頃にやったことがある人も多いのではないでしょうか。
最初にみんなに「とある長文」を伝える人が、その文章を覚え、次の人にそれを伝えます。
次の人は教えられた文章を覚え、三番目の人とそれを伝えます。
三番目の人は・・・と、そいう感じで、次から次へと文章が伝わっていきます。
最後に伝えられた人は、一番最初の文と比べて、どのくらい正確に文章を伝えられているでしょう。
というゲームです。

 新解釈の古事記新解釈の古事記 何百年も経って、やっと正式に国が「古事記」という歴史書を編纂するまで、
元々の伝承がどのくらい歪められていたり、付け加えられていたり、
削除されていたり、ごっちゃになってしまっているか・・・

想像すると「可能性は低くはないかも?」と思えてくると思います。

新解釈の古事記そういうことを「前提」に『これが真実なのでは?』という新解釈(というか異解釈)の古事記を書いてみました。



新解釈の古事記例:

 新解釈の古事記新解釈の古事記 見るなと言っていた扉をイザナギが勝手に開けて
イザナミが「よくもこんな姿を見たなぁ」と激怒。
従来のお話 = A

 新解釈の古事記新解釈の古事記 見るなと言っていた厨房の扉をスサノオが勝手に開けて
オオゲツヒメが「よくもこんな姿を見たなぁ」と激怒。
史実? = B

古事記Bが、時を経て A のように伝承されていってしまったのでは?

・・・のような感じです。

ちなみに上記の  B  の方のお話はこちら。
五穀豊穣
https://rsheep.com/fcf/categories/4/3.html


新解釈の古事記他には、

 新解釈の古事記新解釈の古事記 アマテラスは自ら天岩戸に閉じ籠ったのではなく、洞窟の中に入ったら
間違って入口が塞がれ、閉じ込められてしまった

 新解釈の古事記新解釈の古事記 ツクヨミは普通にちょこちょこ出て来る

 新解釈の古事記新解釈の古事記 神武天皇はアマテラスの実子であり、天孫降臨ではなく
天子降臨になっている

 新解釈の古事記新解釈の古事記 木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤヒメ)の姉、石長比売(イワナガヒメ)は存在しない。


こういうのもいいかな?と。
こういう異解釈を読むのもオツだしな、という方がいましたら少しでも楽しんで頂けましたら幸いです。


新解釈の古事記

現代語古事記

世間一般に伝わる、『誰もが知っている古事記』。
有名どころの本のようです。

古事記(里中満智子:画)

上巻、中巻、下巻もある『古事記』を上下二巻でキッチリ美しくまとめています。解説も面白かった。

まんが古事記

古事記について可愛らしく漫画で描かれている本。
とても詳しく書かれています。

レッツ古事記

シュールな絵で、笑わせてくれます。
古事記に全く興味がない人向けかも。(面白いので)



古事記とは

新解釈の古事記 

新解釈の古事記 西暦712年に出来た、世界最古の歴史書。


新解釈の古事記 天武天皇が、
諸国、諸家に伝わる歴史書には食い違いがあり、
時と共に史実と異なる記述が多くなってきていることを憂い
正しい歴史書を編纂することを命じ、


新解釈の古事記 その編纂に
稗田阿礼(ひえだのあれ)
太安万侶(おおのやすまろ)という人物が編纂に努め、
完成させたもの。


新解釈の古事記 膨大な数の
帝皇日継(すめらみことのひつぎ)・・・歴代の天皇の系譜。
先代旧辞(せんだいくじ)・・・各地の氏族に口誦で伝えられた様々な伝承。
を、記憶に長けた稗田阿礼が記憶し、
その口伝えにより、
太安万侶がそれらを文章に書き記した。



新解釈の古事記 なお、正しい読みは「ふることふみ」であり、
漢読み(中国読み)の「こじき」は
正しい読み方ではない、と言える。



新解釈の古事記
新解釈の古事記

ページトップへ
Copyright (C) Healchan All Rights Reserved.
Design by Megapx 
Template by sozai-dx.com