現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

オリジナルの知識・設定 - ラグナロクオンライン -

オリジナルの設定・知識  の目次


 

 基礎 

 
   西洋系と東洋系  = 西洋系「西洋系」と「東洋系」という人種に分かれている。
その比率は、7:3 で、あまり東洋系はいない。
西洋系の名前表記はカタカナのみで、東洋系の名前表記は漢字とカタカナふたつある。

    名前

      西洋系=基本イギリス名。
      東洋系=表記は日本名、読みは中国読み。


   大学   = それぞれの都市には、様々な職業のスキルや魔法の知識を細かく教えたり、国や都市の歴史、様々な計算式などを教える、「大学」という組織が存在する。
大抵は都市の中にはなく、街からはずれた場所に設置されている。

   霊力  = ウィザード系(魔法使い職)やプリースト系(聖職者職)は 自動的にある種の霊力が備わる。
そのため、特定の条件下において、物事を「視る」ことが出来るようになる。
ただし、様々な条件、背景や過去や人間関係、キーワード、関係する場所、等 情報量を必要とし、断片的にしか視ることが出来ない場合もある。
ウィザード系は更に「祓う」という能力も持ち、邪な気を祓うことが出来るが、ウィザード系の最上位職、「ウォーロック」は力が強すぎ、良い気や運気、オーラ全てを取ってしまうことがある。
これらの能力は一般的に女性の方が高い。
ただし「殴り」の道に入ったものはこの霊力を失う。
(殴り、についてはこちらを参照)

   逝去後の世界  = たいていの場合は 「消滅」 する。
生前功績があった者は 「天界」 に上げられ、稀に 「地界」 に堕ちる者もいる。
地界に堕ちる者は、直前で 「冥界」 という場所に行き、生前の行いを再調査される。
(これはROの小説本編のみで、「マックとミリーシリーズ」には適用されません・・・)

   ピシュリム  =  消滅する人間の命を受け継ぎ、その人に成り代わるスキル。
その人間の前世や口調、癖や習慣、容姿や体の特徴、記憶などを全て引き受け、その人間として生きることになる。
ただし持病、病気などは引き継がない。
その際、その人間だけでなく、自分の記憶も同時に持っていくことになる。
相当な時間が経てば、元の人間の記憶も次第に薄れていく。

後になり、戸籍を変えたい、つまりピシュリムを使う以前の戸籍に戻したいという場合になった際、
国王陛下と天帝と闇帝に頼み、その許可を得られれば、
(闇帝は必要ない場合もあるが、あると証明が強まる。
 
 
※ちなみにROのアイコンが なのは「 イグドラシルの樹 」を表すために・・・
天界が青い本 なのは「理性」を表すために。秩序と法の象徴です
地界が赤い本 なのは「」を表すため。混沌にまみれているという意味。
ここでコッソリと(^^;)
 


 

ここでは
「昔の職業ほど、貧しかったけど その代わり力が強かった」
という設定に。
ひとつ前の王朝は現在の最上職の一段上があって、
ふたつ前の王朝は現在の最上職の二段上があった・・・というように。

そういうのを出しすぎるとアレなのでめったに出しませんが ・・・


ロードナイト
ルーンナイト (騎士系) → フェンリルナイト エンペリシャス



ロイヤルガード(王宮警護兵系) → ロイヤルパラディン



ウォーロック(魔術師系) → グランドウィザード



ソーサラー(賢者系) → ディバインスピリッター



アークビショップ(聖職者系) → ソフィアプリーストパンテスト



修羅(修行僧系) → ケンプファー



レンジャー(弓手系) → フォレストレンジャー



ミンストレル(吟遊詩人系) → アークミンストレル



ワンダラー(踊り子系) → コンキュバインダンサー



ギロチンクロス(暗殺者系) → ナイトブレード



シャドウチェイサー(ならず者系) → マフィア



メカニック(鍛冶師系) → マスターオブテクノロジー



ジェネティック(錬金術師系) → ホーリーサイエンティスト


レンレン・ディオン
ソウルリンカー(霊魂操り師系) → イミュータルサイキッカー
※ROオリジナルと思われる職。
1、かつての英雄の魂を味方に降ろし、潜在能力を開放させる
2、霊魂の力を自在に操る
(公式より)



エンペリシャス=「むらさき」で登場。
パンテスト=「2つ前」で登場。

パンテスト=パンテオンプリースト



BACK