現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

知りたいと思う

RO小説本編の目次 > むらさきの目次
 

美織の姿がどこにも見当たらない。

結構日にちが経っているにも関わらず、である。


喬一「(住み処にもいないし)」

ファイリェン(天界のリゾート地)にでも行っていたり?
唐突に・・・


うーん

ハッ

急いでミョンホン(天界の1:1対話)をする。


喬一『こんにちは』


『(通信凍結中 )』


凍結中になっている。


「(花篠娘々の勤めは!・・・)」


腕を組んで考え込む。

凍結中。行き先不明。


喧嘩はしていない。

(美織は喧嘩するたびに何処かに身を隠す)


「(ファイリェンは考えずらい
派手なところは嫌っていたような

漠然とした勘だけど
下界のリゾート地あたりかな)」


とりあえず目星を付けた。

(大抵美織の行きそうなところは当てるのだ)


下界のリゾート地だと仮定して

何処だろう と思った時。


麗帆「喬一さん」


麗帆がいつの間に腕を組んで目の前にいる。


うっおおおぉぉぉ

目を少しつぶっていたからって。


油断した


っつーか 怖えぇぇ


麗帆は言った。

麗帆「美織を追ってはいけない」



「どうかしたんですか」


何か事情でも


麗帆「むしろもう、美織に近づかないでもらえないかな」

何が何だか分からない喬一。


「(いつものオカマ言葉じゃなくなってる)」


麗帆「あなたは」

長い髪の毛を優雅にバサッと後ろに投げかけて言う。


「私たちの、、ニューハーフとか。そういう『少数派』と呼ばれる人間たちの、、
そういう傾向というか。
おかしな、そうだな。危険なものを感じるんだよ」


ニューハーフ。

傾向。


先日 美織と麗帆が話していた内容を思い返す。


喬一「・・・・・・」


呆気に取られる。

突然何なのだろう。


麗帆は冷ややかな顔をして喬一を見つめている。

容赦のない、冷たい目だ。


いつもの美しい、菊花のような笑顔、優しい、そしてひょうきんな麗帆の面影はどこにもない。


・・・


麗帆「あなたは美織にとって、負担でしかないんだよ」


寒い

特に寒い日じゃないのに

凍えそうだ


・・・


ニューハーフ云々というのと、みぃちゃんに近づいてはいけないというのはどう結びつくのか。

解せない喬一。


バシャアァァァンッ

海も無いのに
凄まじい波が岩にぶつかるような錯覚。

思わず肩だけ後ろにのけぞってしまう。


麗帆「あなたは申し訳ないが、正直美織の害でしか。害ではないな。
害、というか」

美織にとっても、喬一さんにとっても、

もう無理、、


喬一「(言ってることが良く分からない)」


麗帆「だから、これを言うのもなんだが、もう近づかないでもらえないだろうか、美織に」


こいつ


喬一「(美織美織、、呼び捨てにしやがってッ!)」


そんなに特別なのか 少し天界で親しくなっただけのくせに

喬一「?」


喬一は意味不明だった。

何故こんな風に妙にいらだつのか


喬一はしばらく黙っていたが、


喬一「・・・分かりました。
みぃちゃんに宜しくお伝えして下さい」


そう言って、ウン! と雲を呼び、元気なく乗って 去っていってしまった。


 

BACK「事情」  NEXT「花」