現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

事情

RO小説本編の目次 > むらさきの目次
 

あぐあぐあぐ

天界名物モモチキ(という果物がある)饅頭を食べる

美織と麗帆(リーファン)。


麗帆「んも〜う
違うわよ。

そういう人に限ってヤバイのよ」


美織「えー?
そうなの?」

麗帆「差別?とか偏見がある訳でしょ?

まぁ昔に比べてだいぶマシになったけどね。
理解も増えたし」


美織「うん。あぐあぐ」


麗帆「だからこそね、甘えさせてくれる人に甘えちゃうのよ」


美織「甘え、、」


麗帆「優しくされたことがないからね。

だから対等に接してくれる人に、甘えちゃうの」


美織は苦笑する。

まぁ、、生前からもそういう人いたけどさ


美織「なんで、、そういう人が天界に行ける訳」


麗帆「変わっちゃうのよ〜〜

ほら人ってすぐ変わっちゃうでしょ。

ず〜〜っと同じ人なんていない訳じゃない」


そりゃそうだけど


美織「甘える、、ねぇ」


ぼへ〜っと空を見上げながら思い出す。


麗帆「美織ちゃん、駄目よ。
あーたはね、人を信じすぎるのー!
アタシ本当心配よ」


美織「麗帆ったら。
あら、麗帆もいつか変わっちゃうの?」


麗帆「アタシは大丈夫よ
美織ちゃんのこと愛してるからv」


美織「やだー 麗帆ったらー!」


先程からつまらなそうにしている喬一が腕を組んでいる。


遠目からそれを見て、


あっ


喬一さーん!


喬一の名を呼ぶ美織。


喬一はムッとした顔をして


「僕はちょっと用事があります!」


パッと ウン! と春花(黒シェパードの雲)を呼び、どこかに飛んでいってしまった。

美織が喬一が飛んで行った方向を見る。


麗帆「いやん。アタシたちが仲良くしてるから怒っちゃったのかしら」

麗帆がおろおろしている。


ハグハグッとモモチキを食べながら「珍しい・・・」とつぶやく美織。

喬一はこんなあからさまな やきもちを妬くタイプではない。

「(下界にいた時はこうじゃなかったのに)」

もっとこう、落ち着いていて、、


クールはクールだけど。

「(下界の時はもっとクールだったような?感情がない位の・・・)」


麗帆「えっとー
どこまで話したかしら」


ん、と顔を上げる美織。


美織「ん〜と、、」

右手人差し指をあごに当てる。


「甘えちゃう〜とかそういうの」


麗帆「そうそう。
美織ちゃん、駄目よ、図にのらせちゃ
あーたはきっと褒めすぎンのよ」


美織「褒めすぎぃ?」


目を丸くする美織。


麗帆「いい気にさせちゃうのよ〜

それで調子付かせちゃうのよ」


「・・・・・・」


生前、ライナスからも同じ指摘を言われた。


「(て、天界に行っても直ってないの?
まじで!!)」


青くなる。


リ、、リイファ〜ン・・・


麗帆「だからぁ、アタシだけと仲良くしとけばいい訳v」


麗帆は美織とは違う、キレイなウィンクをした。


落ち込んでボ〜ッとなる美織。


「どうすれば調子付かせないで済むかなぁ」


麗帆「そんなの、調子付く相手が悪いのよ

放っておきなさいよ」


美織「(麗帆、強い・・・)」


そういえば、、、

私ずっと喬一さんが好きで、

ベタベタ甘えてるけど、、

「(あの人は調子付く、の「ち」の字もないわ)」

・・・ああいうのが普通なのかな


(あの人は特殊なような)


・・・


差別されたり、偏見の目で見られたりする人はそれ相応の理由があるのね

「(下手な正義感で平等に接してたけど)」

でも、構えないとなのね


慣れてないんだけどさ


あれ?

ふと思い出す。


喬一さんのお父さんが確かニューハーフじゃなかったっけ、、


喬一さん、それでどっか飛んでっちゃったのかな


うーん、、と考え込む美織であった。


 

BACK「雪」  NEXT「知りたいと思う」