現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

雷雲

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

引き続き、アルベルタの森林内。


『御免なさい!!』

クリスティンはそればかりを連呼していた。

アルドヘルムとのwis。


クリスティン『こんなの、人身御供です!申し訳ありません!』

アルドヘルムは笑って言った。


アルドヘルム『あはは。そりゃ驚きましたけど。
でも人身御供ではありませんよ』


クリスティン『ち、違うんです。 私、、振られたからといって、、
あなたに理不尽な八つ当たりをしてしまった。

最低です私』


やはりレオン(クリスティンの甥)に似ているかも、、と思いながらアルドヘルムが話す。


アルドヘルム『少々、大袈裟に捉えすぎではないのですか』


クリスティン『いえ、そんなことはありません。 気をつかって頂かなくてもいいです。
私は私でちゃんと自分の道を進んでいきますから』


少しの沈黙。


どうしよう、またどうやって謝るべきか。
困っているクリスティンに


アルドヘルム『あなたは僕が嫌いですか』

と アルドヘルムが聞いてきた。

あ、返事来た、、と安心するクリスティン。


クリスティン『嫌いではありません。嫌いじゃないからこうして言っているのです』


やっぱりレオンに似てるよな〜;
本当の母親はクリスティンだったりして、、

などと思いながら、アルドヘルムは言った。


アルドヘルム『あのー だったらそんなこう、堅苦しくというか、、そんな風に考えなくても・・・』


クリスティン『いいえ、私は人に対して大変失礼なことをしてしまい、挙句こうして気をつかわせてしまって、、本当に情けないんです。

結婚なんて人生の重要なイベントですよ!

そんなものを犠牲にすることなんてありません!』


女レオン面白〜い、、と思いながら

アルドヘルム「(でも、、かつてのアホクリスティンが全然いなくなっちゃった;;)」

と寂しさを感じた。


そうだ。

今まではエメライン(クリスティンの双子の妹)が人身御供の形で物語でアホっぷりを出されてしまっていた訳だが、、

元祖アホは、本当はクリスティンなのである。

エメラインよりももっともっと、アホと言えよう。

(どんなレベルだ!)


アルドヘルム「(あの破片も、、欠片も、、面影もない・・・)」


おっとっといかん、とアルドヘルムは切り替えた。

アルドヘルム『あの〜、真面目に考えすぎだと思うのですが!
僕そんなに重く語っていますか!』


クリスティン『いいえ。そうではなくて・・・。面倒臭くて御免なさい
私はあなたに、私のために犠牲になって欲しくな・・・」


だったら!!


アルドヘルムがさえぎった。


『あなたを、ください』



ぶわっ

ふわふわふわふわ


突然、あの暗闇の、大量の花びらの記憶・・・夢? が頭の中に思い浮かんだ。


ばしゃん!


湖から顔を出して・・・


空には明るい満月が輝いていた。


それを、じっと見つめていた。



クリスティン「(どうしてこんな時にあの夢を・・・)」



ピカッ ゴロゴロゴロ



ふたりのこれからを表すように、

空には雨雲と雷雲が立ち込めていた。


 

BACK「八つ当たり」  NEXT「最後の」