現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

沈黙を破り、

クリスティンは言った。「あなたは私を愛してなかった

ただの独占欲?

でも、、前世の人間を・・・」

独占するなんて変な話だし。


言ってて分からなくなってきた。


そうだと言ったら?


レンジャーが答える。


「え?」


思わず大きな声が出る。


愛なの?独占欲?

自分のものだったから、その「もの」を取られたくない、みたいな?



「愛してるからという理由以外に何がある」


大声で叫んでいるクリスティンとは対照的な、静かな声のレンジャー。



やめてよ気持ち悪い!

クリスティンは頭をブンブン振った。

「前世の話でしょ!」


・・・



・・・


「おまえが、あのアサシンクロスと元に戻らなければ、良かったんだ」

「何もすることはなかったんだ」



そんなの勝手なのに


エメラインがレオナルド皇太子様の元から戻ってきて

前以上に・・・いや 新しい関係の恋人同士みたいにふたりが、、ジョセフとエメラインが仲睦まじくなって・・・


「(羨ましくなったのよ!)」


私がどうしようと勝手なのに!


「(挙句、愛って何よ!)」


嘘吐き!

なおも興奮して声を張り上げる。


「刻印ていうのを早く解い・・・」


ママ


え?


キョロッと辺りを見渡す。


ママ・・・


・・・



アーシェ・・・


幻聴なのか神秘的なものなのか

・・・



アーシェを捨てた。

私には業(ごう)がある。


「(赤ちゃんの声は、、おろされるはずだった私自身の「捨てないで!」っていう声と、)」

アルドヘルムさんのことを思い出すと赤ちゃんの声が聞こえたのは


クリスティン「(俺との子を忘れたのか!という この人のメッセージだったの・・・?)」

たらっ、と脇から汗が出る。



頭がぐるぐる回転する。



「す・・・」


「捨てないで」


だったのだ。



クリスティンはぼんやりとうつむきながら、、

何故か幸せに包まれている自分を認識した。



クリスティン「・・・あなた・・・」


下を向きながらクリスティンが言う。


レンジャーは答えない。


クリスティン「嬉しい」


ずっと愛されていないと思った。

もうすっかり冷められたのかと思ってた。

全然私、知らなかった。


私、すごく幸せだったのね。


すれ違いばかりだったけれど、



クリスティン「(アーシェ、、あなたは想い合う両親の間に生まれたのよ)」


子供よりも、お互いの愛を、、お互いの愛の方が、ずっとずっと大切だった。

そんな風に互いに思う両親だったのよ

アーシェ・・・


そして言った。


クリスティン「でも、今はアルドヘルムさんだけ。私の人生で、夫はあの人ただひとりよ」


もう離婚してるけどね、と舌を出した。


レンジャーはフッと笑って、


「分かってるさ」

と言った。


つい夫同士ということで大人げない挑発をしてしまったけれど、、

俺は俺なりの決着を付けたかったんだ。




ふたりの頭上に、「お疲れ様」とでも言っているのか、雨が降っていた訳でもないのに、大きな虹がかかっていた。


 

BACK「裏に潜む」  NEXT「洞天」