現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

くらやみの

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

アーシェの両親は、アーシェが生まれて数年経った後、

完全に仲が冷め切ってしまっていた。


しかし、元々は、将来を約束する可愛らしい関係であった。

親同士が、ふたりが生まれる前にすでに「許婚」として決めていた仲で、

ずっとずっと、幼い頃から仲良しであった。


レンジャー「俺は、俺なりにおまえを想っていたんだ」


クリスティン「・・・」


レンジャー「前世を持ち出すのもなんだがな」

そうよ、、いいじゃない。もう

頭を振るクリスティン。


レンジャー「アーシェ、、俺は冷遇してしまった」

ピクッ


アーシェの名前が出て、反応するクリスティン。


レンジャー「・・・おまえがいなくなった後、
冷たくしてばかりだった、、」

父親らしいことを何も出来なかった。


アーシェ・・・

胸が痛い。


下を向いてレンジャーが言う。

レンジャー「俺にはおまえしかいなかった」


え?


レンジャー「愛情表現は難しいものだな
ずっと 一生涯 おまえを・・・」


えぇっ?

目を見開くクリスティン。


とても・・・そんな風には・・・ 欠片ほども、、、


レンジャー「・・・或る事をした」


或る事・・・。


レンジャーは真っ直ぐクリスティンの目を見て言った。


「暗闇の記憶。救いようもない闇。あれは、俺が作った幻だ」




クリスティンはもう何が何だか分からなかった。


ど、どういうこと?


レンジャーは目をつぶり、また目を開けて響く声で言った。


「おまえは・・・

アサシンクロスと一緒になったと聞いた。

どのアサシンクロスか分からなかったが、

憎かったんだ」


少し、、邪悪そうに嗤った(わらった)。


「(あの顔・・・)」


悪魔みたい、、、

気が遠くなるクリスティン


「アサシンクロスを思い出すたびにアーシェを思い出したか?」

目が光っているように 見える


おぎゃあ おぎゃあ


「(アー シェ・・・)」

くらくらする。


この人は?



花びらたちはどうだった


「え・・・」

思わず答えるクリスティン


「俺たちの想い出だ」


そして・・・



沈黙。





本来、、背負うべき運命を味わって、、どう感じた


邪悪そうに、、楽しそうに聞く。。


「(おろされそうになった、あのことを言っているのね・・・)」

力なく考える。



怖いと思っていたけど

もう麻痺した。


クリスティンは聞いた。

凛とした声で。


「あの、恐ろしい暗闇の記憶は、何なの?」



フフフフフ


哀しそうにも、莫迦にしているようにも見える笑いをして、クリスティンを上から見下ろすレンジャーだった。


 

BACK「人物一覧」  NEXT「裏に潜む」