現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

同族

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

そういえば、、

クリスティンが口を開いた。


確かあれは、、何ヶ月前かな。


クリスティン「フェイヨンの森、、だったかしら」


レンジャーの人に会って、

たまたま声を掛けられたから、何となく成り行きで話し込んでいまして。

元夫と別れたばかりということをついつい言ってしまいまして、


クリスティン「何もない夫婦だったってことを言ったら、すっごいびっくりされました!」


すごーく怖そうな感じの人だったから

初め身構えちゃってたけど、

でもそのこと言ったらすごく挙動不審?になっていたというか、、

「えぇ?みたいな感じで怖さオーラが抜けた感じになっていたというか」


だからっ

「勝った!」

って思ったんですーっ


あんな怖そうな人を戸惑わせちゃった〜みたいな(笑)



・・・


アルドヘルムはズッコケそうになった。


思わず椅子にドッと倒れかかる。


「(そういうことか。普通分からない!)」

まぎらわしい!


そして


「(良かった、、、いもむとさんが辛い思いをした訳ではなかったのか)」

と安心し、


一気に気が抜けた。


クリスティン「? アルドヘルムさん?」

どうかしたのですか?


アルドヘルムは ハッ とした。


「俺の女」の意味は、、じゃあ何だ?


パッと体を起こし、


「あの、そのレンジャーさんに何かあやしいことされませんでしたか!」

と聞いた。

(クリスティンの身が安全だったのを確認したゆえに出た発言)


クリスティンは ん〜 と天井を見ながら考え込み、


プロポーズされました。

前の夫は物足りないだろ? って


クリスティン「でも私はアルドヘルムさん以外の夫は作る気ありませんでしたし、」


何故、突然私に?

と聞いたら、


業が深そうだからな。

俺と波長がぴったり来る。


クリスティン「と言われました」


んー? と首を傾げるクリスティン。


アルドヘルム「(業が深い?いもむとさんがそんなこと!)」


ううっ

突然頭を押さえるクリスティン。



「どうかしたのですか!」

クリスティン「昨日、賞味期限切れのものを食べちゃって
さっきまでお腹痛いの我慢していたのですが、、

我慢しすぎて頭にまで来ちゃったみたい・・・」


と目をくるくる回しながら言う。


だ、大丈夫ですか!

と言いながら、


アルドヘルム「(このいもむとさんがまさか業が深いなんてとても・・・」

と思った。


---------------------------------------------------


暗闇か、、、

どういうことだ。


そして俺が関わる意味は?


アルドヘルムはフィゲルでクリスティンから相談された、

★アルドヘルムを想像すると赤ちゃんの泣き声が聞こえることがある、
★前は花びらの記憶だった、

★今はアルドヘルムを「視」ようとすると、暗闇の記憶が出る、


という意味不明な事象を思い出していた。


アルドヘルム「(僕がフル回転で頭を働かせたら、解ける謎なんだろうけど、
いつも過熱して頭が痛くなるんだよなぁ)」



それよりも


アルドヘルム「(いもむとさんが何もされてなくて良かった)」


やはりそこだった。


 

BACK「透明なしずく」  NEXT「再会」