現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

八つ当たり

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

その日、クリスティンはずっと顔が沈みっぱなしであった。


アルドヘルム「(、と思ったら、無表情にもなってるし・・・
泣きそうな顔にもなってるし・・・)」


その日の亀島での狩りは湿っぽい空気が漂っていた。


しかし空気を読んで、深いことは聞かないアルドヘルム。


ポツリポツリ、と雨が降り出した頃に、

アルドヘルム「あ、じゃあ帰りましょうか!」

と言った。


「(ちょっと救われたかも・・・)」


クリスティンのただならぬ様子に、おろおろしていたけど、これで切り替え?られる。
と思う彼。


ワープポータル(ワープ出来る空間を生み出す魔法。聖職者が持っている)を出し、

いつも行っているゲフェンの街にアルドヘルムと自身を送るクリスティン。


とっとことっとこ、いつもの道具屋に行き、

狩りで収集したものを 収集品商人に買い取ってもらい、
お店の隅っこでだら〜んとしていた。

(いつもの光景である)


アルドヘルム「(このまま逃げ出したい;;)」

いもむとさんが落ち込んでいるみたい。

そっとしておいた方がいいかも。

おろおろするアルドヘルム。


アルドヘルム「(だってちょっと変だ)」


気ぃつかい〜のいもむとさんのこと。

どんなに落ち込んでも、 こういう場面では絶対無理して

笑顔作って、無理に話すじゃん!

人に合わせるじゃん!


アルドヘルム「(それもしないなんて・・・)」


異常事態だ異常事態だ

緊急回避緊急回避!


そんな指令がアルドヘルムの頭の中で駆け巡っていると



クリスティン「アルドヘルムさん!」

体育座りをしながら(パンツ丸見え)、突然クリスティンが言った。




アルドヘルム「は、はひ!」

びくびくするアルドヘルム。


クリスティン「結婚してよ!」

くるっとアルドヘルムを見てクリスティンが言った。


は、

アルドヘルム「は?」


突然の意味不明なキレ気味の逆プロポーズに意味が分からなくなるアルドヘルム。


しばし考え、、

アルドヘルム「何かあったんですか」

と、冷静に返してみた。

(そりゃそうであろう)


クリスティンはまた顔を背けて体育座りを続けながら言った。


「振られたの。だからアルドヘルムさんなぐさめて」


アルドヘルム「(す、ストレート・・・)」


クリスティンのストレートさに思わずレオンの顔が思い浮かぶ。


アルドヘルム「(いもむとさんの双子の妹さんの長男だったな、、
少し前に生まれた、、)」


まだ小さいのに、曲がったことが許せなくて、何かこう、凛としたしっかりした子だった。


アルドヘルム「(な、何かあの子の感じに似ている!)」

血(血族的な意味で)を感じるアルドヘルム。


「御免なさい 変なこと言って」


すっく、と立ち上がり、クリスティンはサッサと道具屋を出て行く。



アルドヘルムは聡明、且つ優しいので (じゃあ何故暗殺者になったんだ)
「きっとああならざるを得ないような、すごく悲しい辛いことでもあったのだろうな・・・」

とクリスティンの身を案じていた。



クリスティンは、本当に偶然であるが、、

(物語たちの最初〜〜の方にも書いてあるが、)

アレクシスに振られたのである。

アレクシスとは、「牡丹の人」のアレクシスである。

(※過去「牡丹の人」参照)


振られて、、、

やけになっていたのだ。

これ・・・汗)



だからといって、アルドヘルムさんに八つ当たりするなんて。

クリスティンは自分のバカさ加減に呆れたが、

もうどうしようもないくらい、理性が壊れてしまったのだ。


クリスティン「(だって、振られるのってきついんだもん
辛いんだもん)」


「・・・・・・」


でも、、大人げなかったわよね


アルドヘルムさん御免なさい、、


イライラして、、人に当たって、、、


うう

アルドヘルムさんに菓子折りのひとつふたつでも持っていって、丁重に謝らなくちゃ・・・


でも、今は御免なさい。


「(すぐに、、ちゃんと謝るから!)」

今はひとりでいたい。


すごく勝手な私。


アルドヘルムさん

気持ち悪い女とでも思ってて。


本当に御免なさい。


---------------------------------------------------


クリスティン「(あの時の!)」


アルベルタすぐ傍の森林内。


ハーブティの葉っぱを摘みながら、

クリスティンはあの時のことを思い出していた。



うっうっ

先程のwisを続ける。


クリスティン『ご、御免"なざび!!』


アルドヘルム『え?』


御免なさい御免なさい御免なさいぃぃぃい!!

菓子折り持ってあのあのあの!!!


泡を吹きそうになるクリスティンであった。


 

BACK「ハーブティ」  NEXT「雷雲」