現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

だって

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

レオナルド「何でおまえはそうなのだ」

美織「だってまだあの人はそういう器じゃないし」


人のこと言えるのか?

呆れかえるレオナルド。


ここは崑崙山。

生前功績があった者が行く、「天界」と呼ばれる世界のひとつとして存在する山である。


王家の人間は、複雑なやり取りやら手続きの末に、特別に行くことが出来る。

ちなみに、生きながら天界に住まう(下界にも行ける)喬一を、
王家の人間は必ず守らなければいけない。
(※過去「茶色い犬」参照)


レオナルドはルーンミッドガッツ王国の皇太子で、生前の美織の異母兄である。
(複雑だなぁ)


レオナルド「余は喬一殿に会いに来たのに
彼がいないとなると、、」

美織「! やだ、兄上ったら、「余」っていうの嫌がってたくせに」

レオナルド「ああ・・・」


少し恥ずかしそうに、そしてムッとした顔をするレオナルド。


レオナルド「おまえだって、昔は「お兄様」って言っていたくせに、
「兄上」って」

ム〜ッとして美織が唇をとがらす。


美織「だって、、、
・・・もう。何か、わたしらって似た者兄妹? カッコつけちゃうんかな」

レオナルド「先程から、言葉づかいが悪いぞ、メイ。
まぁもう 諦めているが・・・」


美織が片手でブンブン手を振る。


美織「駄目駄目! ちゃんと東洋読みで「みおり」って言ってよ兄上」


レオナルド「東洋読みは難しいのでな」


美織「私はメイってやなの! トトロに出てくるメイみたいで!」


レオナルド「?可愛いではないか。メイ」

何か不満でも?と笑っている。


美織「とうもろころしなんて言わないも〜ん」

(実は彼女も「とうもろころし」と言っていた)


レオナルドはハハハッと笑って、 腕を組んで辺りを見回した。


レオナルド「・・・それにしても喬一殿はおらぬのか。
残念ではあるが、、」

またの機会に来るか、、と思い、


「何故、玉清、、喬一殿のことだが。
何故彼はその器ではないと言うのだ」

最後に言ってみた。


相当喬一を買っているらしい。


ん〜 とした顔をしていた美織だったが、、


「だって本当だもん」

そう言って喬一の至らないところを挙げ連ねた。


・ナンチュンに強い(どこが悪いのか)
・ケチ(ドールハウス買ってもらったくせに)
・隠れドS(優しい人より冷たい人の方が好きなくせに)
・マサルさん的な寝方をする(だからどんな寝方かと)


ねっ

だからあの人は〜


と言おうとして


レオナルド「だから玉清仙人には、、なるには、器が足りないと」

口を挟んだ。

美織「そうよ〜」


レオナルド「天帝になるにも、まだ器が足りないと」


ピシッ

美織が固まった。


レオナルドが「やっぱりな」という顔をして美織を見る。


レオナルド「余を欺けると思ったか?
花篠娘々とやらになっても、まだまだ、余の妹ということだな」


おまえのことは全てお見通しさ、という顔で呆れるような、見守るような顔をするレオナルド。


下を向いて美織が観念したように言った。


美織「・・・あの人、、そういう風になっちゃうじゃないかって!
だって、すでに「太陰仙人」で玉清オーラかもしだしてんのよ!

すぐに天帝になっちゃうかもしれないじゃない・・・」


生前からそうだった。

「三次職にすぐなっちゃうかも・・・」

とか言っていたら、

「それはない!」って言っていたくせに、

美織「すぐになっていたし」


玉清になったら、天帝への道が近くなるかもしれない

大きな距離があるのは勿論確かだけど、、

でも、玉清になることで、少しは天帝への近道になるかもしれない


そんなことを とつとつ と話している。



?とした顔でレオナルドは問うた。


レオナルド「天帝になったら不都合でもあるのか?」

本当である。


パッ!顔を上げ、美織は言う。


そ、そしたら、、


ブンブンッ!と頭を振る美織。


・・・


ぎゅ〜〜っと唇を結んでいる。


「・・・深くは追求しな」

レオナルドが言い掛けた瞬間、


「あ、あ・・・」


あの、と言おうとしているのだろうか

思うレオナルド。


「あ・・・」


 

BACK「不穏な空気」  NEXT「両極端」