現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

す、、

RO小説本編の目次 > 暗闇と花びらの記憶の目次
 

ハッハッハッハッ


「(また?また私)」


裸足で森林。


いつもの夢。


湖がもうすぐあって、、、



おぎゃぁああああ



ハッ


赤ちゃん?



いや!!

その中に入りたくない!!




いや!!!




ハッ



気が付くと、汗びっしょりでベッドの上に居る。


クリスティン「(夢・・・)」


ああ良かった。 本当に夢で良かった。

良かった良かった。


赤ちゃんにふれずに済んで良かったと一安心するクリスティン。



「・・・・・・」



赤ちゃん、、湖、、、


何か、嫌なことを思い出しそう。


じわ〜・・・


涙が出そうな感覚に襲われる。

いつもは吐き気なのに。



「(本当に分からない)」


産んだことも、、作ったこともないのに、、、


何か過去に変なことされたとか

赤ちゃんにひどいことされた?とか


何もないのに・・・



こぼれおちる涙。



何かが口から出る気がする。

「す、、、」



す?



ぎゅっと目をつぶる。


「(オズマンド先生・・・)」


モロクにいるという、名医の先生。

何故モロクにいるのかは分からない。


プロンテラにもお医者さんはいるけど、

そのオズマンド先生に看てもらおうかな。


でも・・!

くっ! と目をつぶり、体を縮こまらせる。


「(モロク! モロクの、、 あの蟻の巣が怖い!)」


実際に行く訳じゃないけど、、


「(あれがっ あれが、、近くにあると思うと・・・)」

うう


くっ と歯をくいしばる



パッと顔を上げて言った。


「負けてたまるもんか!」


空中を思い切り殴る。


ぶわっ!!


空気が切り裂かれ、そこの部分だけ異空間が出来たようであった。


 

BACK「赤ちゃん」  NEXT「ネコ科の」