現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

あとがき。

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

南極の花、はどんな苦境に遭っても美しい「究極の理想の女性像」をイメージして考えました。
ゆえに本当の主人公は「ローザ」です。
南極に咲き誇るバラ・・・。未来永劫生まれることはない。
でも、出来てしまった。

ゆえにローザは「特別」という言葉を付けるのもおこがましい存在です。
なので、何も語られることはなく、彼女は謎の存在として霧に包まれて、、終わります。


ではでは。





 

BACK「南極の花」  NEXT「目次」
 


今回のお話の 設定・系図(人物関係) などは
こちら より。

 

次の物語→ 6章:暗闇と花びらの記憶

4章:牡丹の人←前の物語