現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

紳士ふたり

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

レオナルド「(なんだ、田舎っぽい男だな)」

ジョセフ「(キザっぽそうな奴だな〜)」


ここはプロンテラ王宮内。

めったに使われない、皇太子並び国王専用謁見室である。


レンレン「どうせなら、私じゃなくてジョセフ氏、、私のパパですが、
ジョセフさんに言うのが一番だと思います」


レンレンに相談?した結果、

ジョセフに謝罪するのが一番だろう、そこで結論を出したり色々考えるのがいい、と
アドバイスを受けたのだ。


ふたりとも、事情が事情なので険悪な雰囲気が漂うかと思われたが、、、



もっともっとすごい険悪な雰囲気が漂った。


(そりゃそうであろう)



レオナルドは先に切り出した。


レオナルド「貴君の、、
貴殿の奥方を勝手にさらい、娶ることになり、、こうして子供まで作り、、
申し訳なかったと思っている」

心から。


本当に申し訳なかった。


両手を両膝にあて、深々と顔を下げ、謝罪した。


エメライン、と呼び捨てではなく、「奥方」という単語を使うことで、
礼を尽くしているつもりだった。


レオナルド「しかしこれは言おう。私の想いは決して幼稚なものではない!(幼稚である)
貴殿の奥方を品物のように扱うつもりで、、ではなかった」

本当に愛しているのだ。と。



ジョセフは面白くなかった。


こうやって謝られてもムカつくだけなんだよ とか

あのアホのどこがいいと思ったのだろう とか

どうやって取り返すかなー とか

どうでも良くなってきた とか


つまらなそうに色々ぐるぐると考えていた。


しかし最大に考えていたことは


「子供なんて作るなよ」

である。


ジョセフ「(要するに、、エメラインに手出したってことだよね)」



アホだけど一応俺の女なのに。


ジョセフはムカムカした。


いくら謝られても足りるか! と思う。


子供に罪はないが、その子供がもし何かの縁で近くで見ることがあったりとか
出会ったりだとかしたら、

フンッ!

と全力で冷たい態度してしまいそうだ。


顔をそむけて、大人げなく、「あなたなど嫌い。私はあなたを嫌いな人間です」オーラをまきちらし、颯爽と、、いや思いっきし全力で去っていきたい。


などと考えていた。


ジョセフ「(エメラインはどうだったのだろうか)」


バラ園では「あなたを裏切ったつもりは・・・」などと言っていたが、

どうだか。


ジョセフ「(俺のこと好きだ好きだ散々言っておきながら、、でもアレがあの娘か)」

たらー・・・っとしてため息をつく。


そのため息を見て、レオナルドはハッとした。


レオナルド「このようなことを言うのもどうかと思うのだが・・・
以前に、エメラインに」

エメライン、と呼び捨てにしたことにピクッと反応するジョセフ。


レオナルドそれに気付き、あっとしたが、続けた。


「以前エメラインに、、 「女なら誰でもいい」と「女なら誰でもいいのではないか?」と
貴殿のことを言ったことがある」


ハァ?

どこかで聞いた台詞。


「そうしたら、エメラインが、、思い当たるような、、そういうような態度をしたのだ。
だから気になった」

と言うレオナルド。


何が何だか分からないジョセフ。


ジョセフ「(そうか、レンレンか)」

レンレンも同じ台詞を言っていた。

いや、良く言ってる。

「パパは女なら誰でもいーんでしょ」


「(こいつら、、同盟でも結んでんのか??)」



う"っ!

そういえば。


バラ園でも同じことを言われた。


女なら誰でもいい、でもいいの。ジョセフの奥さんってだけでいいから!


「・・・・・・」


誰が最初に広めた?のだろうか。


ジョセフ「(そうかー、俺って女なら誰でもいいんだー)」


そしてレオナルドに言った。


ジョセフ「良く分かりません。
・・・がこれだけは言えます。
エメラインは俺のこと大好きですから」


レオナルド「(俺? エメライン?)」

俺、という汚い(彼からしたら)言葉づかいと、自分のことを棚に上げて「エメライン」と呼び捨てにしたことに驚くレオナルド。


レオナルド「(違う違う!そこではない!)」


エメラインは俺のこと大好きですから


レオナルド「(なんって自意識過剰な男なんだ!)」

美意識の高いレオナルドはその自信満々(しかも人の前で堂々と。そして皇太子の前なのに)
な態度に嫌悪の感情を抱いた。

何故エメラインはこんな男と?



自分の変態さをすっかり棚にあげて、呆れるしかないレオナルドだった。
す。


 

BACK「いまさら」  NEXT「野獣ふたり」