現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

どうして

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

エメライン「(クリスティンちゃんが身代わりになってくれないかしら!)」


ある日突然、恐ろしいことを考えたエメライン。


ここはプロンテラ王宮内。

元々働き者のエメラインは、「休息が必要」とドクターストップ的なものを周りから散々受けているにも関わらず、エプロンをしながらごしごし掃除をしていた。


エメライン「(きっとクララ(召し使い長)に見つかったらまたつまみ出される・・・)」

しかしクララの掃除は若干甘いと思ってつい自分でやってしまうのだ。


エメライン「(見つからないようにサッサとやんなきゃ)」


さて。


自分の境遇があまりに理不尽で、ストレスがかかるものだと思ったエメライン。

ふと、「クリスティンが私の代わりにレオナルドに嫁いだらどうだろう?」 と思ったのだ。


どう考えても人身御供である。


エメライン「(同じ顔をしているし、、そういえばクリスティンちゃんは殴りプリースト系だから力も強いし)」

(※殴りプリースト=自身に様々な強化魔法を掛けて、自ら敵を殴る聖職者)


喧嘩とかしてもクリスティンはいとも簡単にレオナルドをぶっとばすだろう。


エメライン「(いいんじゃないのかしら)」


クリスティンを本当に双子の姉だと思っているのだろうか?

エメラインは次々とクリスティンを差し出す妄想を繰り広げる。


クリスティンが嫌がったらどうしよう。


しかしクリスティンは面食いである。

エメライン「(レオナルド皇子のカッコ良さにすぐホイホイOKしてくれるかもー?)」


少し希望が出てきた。


アホな妄想をしながら、自分はクリスティンだけでなく、レオナルド皇子まで道具?だとか
人間ではなくて
まるで品物のように考えていることに気付いた。


でも、自分だって まるで品物のようにさらわれて、こんな目に遭っている、、のだから
いいよね、、と思った。

(おいおい)



銀の食器をきゅっきゅっと「拭きすぎだろう・・・」というくらい拭きながら、


エメラインは、ふとレオナルドを想った。



変態だけど、優しくて、深い愛情をくれて、、
何もかも洗練されている 美男のレオナルド。

いつもドキドキをくれるけど

幻想なんだよなこれ と思って

次の朝にもそもそハミガキしている時に、
「本当に幻想だ・・・」
と実感し、いつもがっくりくる。


ジョセフに対する、「本当に好き」
とは全然違う。


好きになろうとは 何度も何度もしてきた、、けれど・・・


最初のうちは、手を上げてくるだとか、大声で怒鳴ったりだとか、
かなりの未熟な(エメラインも相当だが)人物だったが、

一緒にいるうちに、
実は愛情深くて 紳士で丁寧な人だということが分かった。



わっかんないママねぇ。パパはねぇ、女なら誰でもいいのよ


レンレンのあの言葉が頭をもたげる。



エメライン「(ジョセフ・・・)」


女なら誰でもいい、のジョセフに対し、、



どんな女も、君とは違う。
女はみんな一緒に見える。
でも君はひとつのブランドに見える。
何故だろう


と言ってくれたレオナルド。

(※過去「罪」参照)


エメライン「(ひとつのブランドかぁ・・・
嬉しい。
有難う。レオナルド・・・」


あの時の言葉を思い出し、目をつぶって心から感謝するエメライン。


愛せたらラクだろう。

こんな言葉を言ってくれる人を愛せたら。



こんな、言葉をくれる人間なんて、 絶対いない。

クリスティンだって、、両親だって、、

きっと誰も・・・



どんな女も、君とは違う。
女はみんな一緒に見える。
でも君はひとつのブランドに見える。
何故だろう


やるわね。

もし、ジョセフと出会う前だったら 確実に落ちてた?のに。



レオナルド、、クリスティンちゃんにその言葉使いなさいよ。

絶対クリスティンちゃん好きになってくれるよ・・・



ぽたり。

レオナルドと別れるのを想像して、泣くエメライン。


あ、あれ??


自身の涙にびっくりするエメライン。


エメライン「(え、、。あ、愛してないのに・・・)」


愛していない。

愛してはいないのだ。


でも、愛に近い。


涙を拭く、、、



な、


何で?


愛してないのに


意味不明な涙に戸惑いつつ、



い、いやだ、、


どうしよう


「(ど、どうしよう って何が)」


レオナルドがいなくなってしまうのを想像し、

目の前が真っ暗になるエメライン。



違う!


「(なんで?)」


自身の感情に疑問を持った。


・・・


分からない・・・


ただ呆然と、立ち尽くすエメラインだった。


 

BACK「本当に変わらず」  NEXT「こいしく」