現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ビシッ

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

どう考えても仙人ぽい喬一さん。


位があるとしたら、、

でも

「(高くても、低くても、どちらでもサマになりそう)」

ぼんやり思うエメライン。


美織「あの人は『太陰仙人』 一番下のペーペーよ」

まぁ

成り立てだからなぁ。仙人


えっ

驚くエメライン。


うっそお


信じられない。


一番下のペーペーなんて嘘よ!

素直なエメラインでも信じられなかった。


美織「でも、偉い喬一さんなんて厭だし〜

あれでほらもう、充分偉そうだし(人のこと言えるのか?)


でもぉ

あの人下界では『パンテスト』なんだよね

なまいき〜

ナンチュン勝たせてくれないし」


パンテスト。


文献でしか知らない、太古にあったと言われる聖職者の、、究極職。


あ、あの


エメラインは子供のように素直だ。


言われたことは全部信じてしまう。


「ぱ、パンテスト?」


「・・・アコライトの時に習いました。

アークビショップが今は聖職者の最上位職になっていますが、

確か昔は その上に『ソフィアプリースト』がいて、

もっともっと大昔は

更に上の すごく強い『パンテスト』というのがあったと」


(パンテスト=パンテオンプリースト)


「うん」

美織は言った。


「禁呪を掛けた時のセットで

現在の最上位職の、二段階上の職にさせる、ってのが出来るの」


アークビショップ → ソフィアプリースト → パンテスト


だから、喬一さんは「パンテスト」なのよね

下界では。


こっちではペーペーなんだけどね〜


すごくつまらなそうに空を見上げながら言う。



美織さんの禁呪ってすごいなぁ・・・


「(例えば喬一さんが「ルーンナイト(騎士系の最上位職)」だったとしたら、、

二段階上だから、、

ルーンナイト → フェンリルナイト → ?

な、何だっけ。

・・・ でもまぁ そういうことよね)」

(フェンリルナイトについてはコチラ



ん〜っ

思い切り伸びをする美織。


さっ!

ビシッ!と指をさす美織。

「あ、指さして御免」


指を引っ込め、(・・・)


ジェローデルの・・・話だっけ。


エメライン「(え?え?)」


ジェローデルよ ジェローデル


身を引く愛。


身を引く愛よ〜


人間だからこそ・・・の。


一気に話が変わり、忘れていたかった自分の現実を突然出され、立ち眩みがしそうだった。

「(み、美織さんて・・・)」



御免ね。自分の関係ない話ばっかしちゃって〜


い、いえ。


で、でも 関係ない話のまま、溶け込みたかった。


まだ現実が重くのしかかって 辛くなるエメラインであった。


 

BACK「絆」  NEXT「そうはいっても」