現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

伝染は天界にまで

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

シースーで下界を見たら、久し振りにギルバートの姿を見つけた。

おお〜う!と嬉しくなったので

着替えて

ぴゅ〜んと アルベルタに向かった。


あの大きな樹の下で しばらくギルバートと世間話をして楽しんでいたが、

次第に、Aさん、Bさんと 仮名を使って、

エメラインの話をして相談をした。


美織「二番目の人との間に出来た子、と、前の子たち、と
元々の旦那さんとか、、
お気の毒で」


ギルバート「こりゃまたヘヴィな話だねぇ;」


ギルバートは美織を「メイチーさん」ではなく

「めぇめぇちゃん」と呼べる、唯一の存在であった。

(メイチー、だからめぇめぇ)


美織は、何かあるとすぐに 何でも ギルバートに頼っていた。


面倒臭いので、自分が生きていない存在だということは伏せて、
生前のように相談した。


いつもは気の強い美織だが、ギルバートに対しては敬語である。


しかし、話しているうちに、、

ローザの身の上と、かつての自分の、母親を失った時の思い出が重なり、


「ギルバードざーん"!」

とえぐえぐしだし、(誰かを思い出すぞ?)

ごろ〜ん、と寝っ転がって顔を覆ってしまった。


ギルバートは人生経験が豊富なので(さすが最上位職)

冷静に、

ギルバート「(ここは美味しいものでも食べさせると直るんだな〜^^)」

と思い、自分の家に連れて行ったのである。

(冷静すぎる)



後になって美織が、
恥ずかしい!と言っていたのは、泣き喚いた姿を見られたが故であった。



これが、「飛行機雲」の時のあらましである。


---------------------------------------------------


美織「(あの時のルナティックステーキ美味しかったな〜)」

絶妙の味を思い出し、目をつぶる美織。


美織「(ギルバートさんは複雑じゃなかったのかな。うさぎステーキなんて)」

(※ギルバートはうさぎ年生まれ)


「どら焼きまだですか」


ハッ


くるりと振り返る美織。


珍しくうろちょろしていない喬一。


美織「あ、用意したよ! えっとね、」

がさごそがさごそ


先日アルベルタに行って来た時にちゃんと仕入れてきたのだ。


じゃーん


キレイにラッピング(メッセージカード付き)されたでっかい箱を取り出す美織。


喬一「足りません!二倍欲しい!」


へ?


美織「に、二倍? え?」

ラッピングに気合を入れた分、急の申し出にびっくりする。

喜んでくれると思ったのに!


喬一「アルベルタで何油売ってたんですか!」


は?


ああそうか


美織「ルナティックステーキ美味しかった!」

他にも食べたんだけど、、

じゃあ、今から一緒に食堂でルナティックステーキ食べに行こうよ!


喬一「要らないです」


へ?


でも突然どら焼き二倍は難しいよ。

ナンチュンにもう一回勝ってよ

と、どうせ負けるのに ムッしながら言う美織。


喬一「もう時間だ!」


ウン!と言ってシェパードの夏樹(犬の雲)を呼び、サッサと飛んで行ってしまう喬一。


??

何が何だか分からない美織。


美織「(どら焼き、待たせすぎたのがいけなかったのか・・・)」


食べ物の恨みは深いというけれど、、、


美織「(それにしても、、大人げなさすぎじゃない?)」

ム〜ッとする美織であった。


美織「(メッセージカード、、『喬一さん大好きv』って書いたけど、、
これがイヤだったのかな?
有り得るわぁ)」


あ"あ"あ"あ"ぁ、面倒臭い人!

今度お仕置きしておかないと駄目ね!!



天界で少々長く?エメラインといるせいだろうか??

美織もアホになりつつあった。


(喬一も少しだけ)


 

BACK「情熱のつぼみ」  NEXT「月夜」