現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

情熱のつぼみ

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

シャオイーさんといいライナスさんといいギルバートさんなる人物といい


レオン「あの人は色んな男にホイホイと!
お袋と同じじゃないか」


ジョセフ「まぁ、落ち着こう」


レオン「落ち着けないよ。もう
こういうの嫌いなんだよ俺。・・・はぁ・・・」


ジョセフはレオンの凛とした正義感に「いつも通りだ・・・」と思いつつ、
そっとなだめていた。


ジョセフ「人には色んな付き合い方があるから」


レオン「尻が軽いンだっつーの!
ひとりに絞れと。
それにメイチー(美織)さんて、ハイウィザードが好きだったんじゃねーの?」

ジョセフ「そういえばそうだったような」

ジョセフは詳しくは知らない、「牡丹の人」「山吹の人」の噂を最近聞いたのを思い出した。


レオン「全く。女は調子に乗りすぎ。
いつからこうなっちまったんだろうな」


誰に似たんだろう・・・とぼんやり思いながらジョセフは言った。


ジョセフ「でもまぁ、、それもいいんじゃないかな
それはそれで、というか」


レオンは、先程からずっと落ち着いている父に若干イライラしながら


レオン「親父はどうなの。
お袋がああなってムカつく、、というか腹立たないの?」


ジョセフ「あの人は俺のこと大好きだから・・・
そのうち帰ってくると思って」


うぐっ!と思うレオン。


レオン「(そうだ、、親父はこういう人だった)」



エメラインが「レオンーv」「レンレンーv」と可愛がっても、

結局「ジョセフーvvv」 とべたべた甘える光景をずっと見てきた。


ああいうのばかりしていたら、そのうち親父もアホになっていくだろうな、と薄々感じていた。


レオン「(昔は、、お袋に会う前は、親父もちゃんとした(と言ったら変だが)まともな人だったに違いない)」

しかしお袋と出会ったことで、、
好かれたことで、、
結婚してしまったことで、、


おかしくなってしまったに違いない。


レオン「(俺も、、、 って思ったら。。 結婚せずにずっと独身でいよう)」

固く誓いを心の中で結び、


レオン「親父、いつまでもドーンと構えるなよ。
結構女ってすぐ心変えるぞ」

と忠告した。


ん、とレオンの方を見るジョセフ。


レオン「いつまでもいつまでも、こいつは俺のことを好き、なんて思ってたら
痛い目遭うぞ 絶対」


こいつはそういう経験でもあるのか?

疑問に思ってジョセフは聞いてみた。


ジョセフ「そういう経験でもあるの?」


レオン「ねーよ! 俺女の子って苦手だし 大嫌いだし。
でも絶対そう思うね!俺は」

奴らは劣等人種なんだよ、と言う。


ジョセフ「(何故そこまで・・・)」


まてよ?

ジョセフは思った。

確か、、、


レオンは「ちょっと散歩兼警備(騎士はプロンテラの警備の義務がある)してくる」

と家を出て行った。



レンレン『お兄ちゃんはねぇ、ああ見えて、すごい情熱的な人よ。
好きな女のためなら地の果てまで追い掛けて、
命まで捨てちゃうような、そんな人だと思う〜』


そんなこと言ってたぞ、レンレンが昔。

ジョセフはぼんやりと思い出していた。


だからこそ、裏切りだとか、浮ついたのが嫌いなのかー

納得した。


あの様子だと 初恋すらまだなんだろうなー


ジョセフ「・・・・・・」


他の男性の子供を、好きな女が身ごもったらどうすんだろうなー


ジョセフ「(同性愛に走りそう)」

本当に。



情熱的なのはレオナルド皇子や(方向性は違うが)エメラインや、メイチーさんだと思ってた。

ジョセフ「(でも・・・)」


一番、情熱を秘めているのは、レオンだと

心から思った。


ジョセフ「(全然知らなかった)」


 

BACK「内親王殿下」  NEXT「伝染は天界にまで」