現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

飛行機雲

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

くるくるくるっ


シースーを回す。


美織「まー妖精みたいに可愛い子」

喬一「そうですな」

美織「人間じゃないみたい」


くるくるくるっ


美織「こっちの方は〜、」

喬一「お、モロク」

美織「あら、まぁ」


いつも通りのクライヴに


美織「クライヴ〜〜、、この子、折角この前アイランに会えたのにぃ、
いつも母さん母さんて マザコンじゃないのかしら」

(※過去「2つ前」参照)


喬一「男はみんなマザコンですよ」

美織「そうだけどぉ」


美織の口調にレンレンを思い出しながら、エメラインがおずおずと聞く。


エメライン「あのぅ、、、クライヴ??」


ぎょっとするふたり。



美織「あ、あの、、アサシンの。
アサシンクロスじゃないわよ。
アサシンの、、金髪の、、銀髪じゃないわよ
そういう子がいるの」

(※アサシン=暗殺者職。 アサシンクロス=その上位職)


エメライン「・・・(あやしい!)」


---------------------------------------------------


美織「シースーもそうホイホイ見るもんじゃないわね」

喬一「エメラインさんが見る危険もありますからな」

美織「・・・クライヴはちょっとアレよねぇ」


しょぼーんとしながら美織は言う。



「今の幸せがあるのだから、、わざわざ身を明かしたところで、、
それが幸せに繋がるとは限らないしね」

喬一「うむ」

そっとしておくのが一番です。


うん そうね


そうだよね


ふたりで遠くの山々を眺めながら言い合う。



そういえばさ

美織「どら焼き、、じゃなくて
ローザさん、(満面の笑み) かっわいかったねぇ〜〜」

喬一「そうですな」


美織「一度でいいから抱きしめたい〜
うっすら花の香りがついてそう」


喬一「どら焼きの方が大切!」


美織「うえ! 王室ご用達なんだもん。あと、、二日ぐらい待ってぇ」

喬一「二日もかかるだろうか」

美織「えっとぉ、ラッピングとかしたいの。だから一日のばし」

喬一「ふむ」


やはり美織はレンレンと口調が似ている。


不思議な力を持っている者同士、何かがあるのだろうか?


美織「そうだー。ちょっとあたし下界行って来るぅ」

ぱたぱたと走っていそいそとハイウィザードの衣装をばさばさ取り出す美織。

(※ハイウィザード=魔法使い系の上位職)


喬一「どこか用事ですか」


美織はふふふっと笑って

美織「ちょっとね。ヤボ用」


---------------------------------------------------


連れて行かれた家は、確かに散らかっていた。


美織「(やだ! 掃除のしがいありそう!)」

美織はかなりの掃除好きである。

美織「(でも勝手に掃除したり、、「掃除していいですか」なんて言ったらすごく失礼だしぃ・・・」

もじもじしながら室内を横目でキョロキョロする。


ギルバート「もうちょっと待ってね^^;
久し振りだからちゃんと火の付き具合が悪くてねぇ〜」


美織「あっの、(本当は掃除がいいンだけど)お手伝いしましょうか?
こうして座ってるっていうのも・・・」


ギルバート「いいよ。・・・まぁじゃあこのニンジン切ってくれる?
適当でいいから」


美織「らぁじゃ〜っ!」


トントントントン

切りながら美織は思った。


美織「(こ、この組み合わせって、、なんかアレだなぁ)」


思ったんだけど、この組み合わせ、っていうのも微妙だなぁ〜
なんて思うんだよねぇ〜^^;


見抜いたかのように言うギルバート。



美織「出来たぁ 『ルナティックステーキ』と『ひつじ肉とチーズのグラタン』っ」


(注釈:微妙な組み合わせ=ルナティック(うさぎ)とニンジンを一緒に並べる)


ギルバート「出来たねぇ」

美織「手際いいですね。この料理結構新作なのに」


ギルバート「まぁ比較的簡単な方だからねぇ〜」


えっ と言う美織。


美織「そうですか?
やっぱギルバートさんて料理上手ー」


ギルバート「まぁ 料理は得意の分野のひとつではあるね」


美織「じゃ〜 食べましょっか。ほかほかなうちに」


ギルバート「そういえばめぇめぇちゃん」


もう大丈夫かい?

心配そうに尋ねるギルバート。


うえっとして「あ、、大丈夫です」

心配掛けて御免なさい。

真っ赤な顔をして謝る。


いや、大丈夫ならいいんだけど・・・



ギルバート「あんなに泣いてたから」


 

BACK「桃」  NEXT「内親王殿下」