現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

RO小説本編の目次 > 南極の花の目次
 

美織「それでね、その時のアルベルタ(港の都市)で・・・
ジョセフさんに喬一さんはかっこいいですか〜って聞かれたの」
(※過去「茶色い犬」参照)

喬一「僕はいつだってかっこいいですよ」

美織「そういう意味じゃなくてぇ」

喬一「どら焼きまだですか」

美織「あらやだ!」


美織は口を両手で覆った。


美織「忘れてたよー!
御免 すぐー」

う〜〜ん、と渋い顔をする喬一。


美織「あっ、思ったンだけど、
モロクのやつとか、王室のやつとか、
色んな街のどら焼きを虹色みたくするとステ・・・」


喬一「一種類でいいですよ」


美織「んもう!」


は〜あ、という感じで肩をすくめる美織。

(美織は虹色が大好き)


喬一「王室ご用達!」


美織「は〜い。・・・半分くらい少ーしずつ食べちゃっていい?」

喬一「だめです!」


美織「やだ!」



この前あんな雷みたいな喧嘩してたのに・・・


エメラインはたらりとしつつも、微笑ましく見ていた。


そういえば。


エメライン「あの、、天界の方が、下界の食べ物なんて、美味しく食べられるのですか?」

いつも蟠桃(ばんとう)なる崑崙山特産?の天人専用の桃を美味しく食べているふたりが、
下界の食べ物なんて美味しいのだろうか。

喬一「どら焼きは美味しいです」


美織「天界のものは喬一さん全部食べてるから、、
今更って感じなんだと思う」


喬一「全部じゃないような」


美織「でもほぼ食べてない?」


どういう種類のものだろう。


エメラインは天界の食べ物に興味を持った。


美織「私もねー、下界の、「ルナティックステーキ」すごく興味あるのよねー
あれ一度食べてみたいv」


エメライン「あれは美味しいですよ!」


美織「最近?でもないけど、結構最近出来た料理なんだよね
みんなアレ食べてるよねー」


喬一「ライナスが泣いちゃいますよ!(※ライナスはうさぎ年)」


美織「泣かしとく」


ライナスってあのヤシの樹みたいな大きい人か・・・

ライナスはその長身(197cm)で ミッドガルド大陸内でも結構な有名人であった。


美織「そーだ」


急に真面目な顔をして、美織がエメラインの傍に来た。


「ジョセフさん、心配してますよ」


う"っ


エメラインはぎくりとした。


美織「まぁ、、器のでかい人だから、「まぁ俺は待ってるよ」「君の好きにしたらいい」
って思ってるンだろうけど」


言葉が痛い。


「立場的に、、やっぱりどうしていいか分からないし、
気持ちは分かるけど、
自分はこう! っていう 強い意志は持たなきゃ」


それが例えくじかれそうになっても、
砕かれそうになっても


「それでも、強い意志を持つのよ
やりすぎるとやばいけどね」

エメラインはそもそも「無理をしすぎて」療養の身になっているアークビショップであった。

(※アークビショップ=聖職者の最上位職)


美織は少し頭を掻いて

美織「やーね、すでに無理している人を追い詰めて。
これだから私は・・・」


エメライン「いえ」

そんなことないです。


エメラインは思った。


本当にそうだろう。

確かに難しい。立場的に。

でも、グッとした意志でも持たないと、状況は変わらない。


喬一「桃でも食べますか」


空気を読んだかのように、喬一が言う。


ぎょっとした顔をして美織が慌てる。


美織「エメラインさん大丈夫かしら。蟠桃なんて食べて」


喬一「こんなこともあろうかと、普通の桃を取っておきました」


何がこんなこともあろうかと なのだろうか。

きっと何かあるだろうな、と「桃」を せっせと摘んでいた喬一を想像すると面白い。



あむあむあむ


冷たくて美味しい。


今はまだ分からないけれど、

どうなるか分からないけれど、


ふたりの優しさに、心が温かくなるエメラインだった。


 

BACK「明るい月」  NEXT「飛行機雲」