現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

花びら舞う

RO小説本編の目次 > 牡丹の人の目次
 

メイチーさんのうそつきぃー。


エメラインはぼんやり思った。

大人なんてっ

大人なんてっ


みんなうそつきばっかだ!

自分も大人だけど・・・


何が片想いだー

両想いじゃーん。。



エメラインはメイチーに勝手な幻想を抱いていた。


そっと人をいつまでも想う人。

そういう感じ。



そ、そんな 恋人が いたなんて!

似つかわしくないわ!

普通の女性みたいじゃない!

(どこが悪いのか)


「(メイチーさんには そういうの、無縁でいて欲しいのよ)」

正確には「いて欲しかったのよ」であるが。


ギギッ

ヴォン 


ピーッ!



 牡丹 

 「
 「


 山吹 

 「




屋敷のPCSを調べて、その花言葉にじーっと目が行く。



山吹は花が咲くが、実が実らない。

つまり、 恋をしても、結ばれない、結婚出来ない、の意味である。


牡丹の人、はメイチーさんをそんな風に想っていたのね。


キーン・・・


頭に何か響く


・・・


画面越しからも、「牡丹の人」の想いが伝わってきているみたい。
まるで、、


想っていたけれど、でも決して届かない。


そういう


シャオイーさんや、あの仲良しのチェイサーさんは知っていたのかな。

牡丹の人。



ぼたっ


「?」


エメライン「あ、あれ?」


突然涙が落ちた。


な、なにこれ??


頭の奥、、芯に何かが伝わってくる。



エメライン「ああ・・・!」


狂ったように、ピンクや赤の、、花びらが舞う。


こ、この幻想は何??



アホでも・・・


アークビショップな私は、ちゃんと、、霊力、あるんだ

(※アークビショップ=聖職者の最上位職)


ちゃんとこういうの、視えるんだ。



ぽたぽたぽた


エメライン「あ、あ、あ、、ああ、、、」



涙が後から後から出てくる



このふたりは すごく想い合っていたんだ



何でぇ?

何で別れちゃったの?

何で一緒になれなかったの?



メイチーさんん、、、

メイチーさんん、、、


どうして、こんな辛い思い、、抱えていたのぉ・・・


こんなに好きだったのに

どうして抱え込んでいたのぉ


すごく辛かったはずなのに


それを、支えてくれたのが、

シャオイーさんとか、チェイサーさんだったの?



メイチーさんん、、、


あの人が・・・


笑顔の奥にそんな悲しい想いを抱いていたなんて



お腹の子が突如、お腹を蹴った。

ぽかぽかっ!


誰にだって、そういうのあるンだから、考えたってしょうがないでしょ!


そう、言われているみたいだった。


 

BACK「山吹の人」  NEXT「フィゲルにて―1―」