現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

生きてますよ

RO小説本編の目次 > 茶色い犬の目次
 

アルフォンス「メイちゃんはな、多重人格なんだ」

えーっ?!とした顔で驚くレンレン。


レンレン「多重、、へ〜 病気?とかなの」


首を振るアルフォンス。


「病気じゃない。一種の能力、、いや才能、、違う。特徴だ」

レンレン「ふ〜ん 良く分かんないけど」


アルフォンス「魔法使いだったり、聖職者だったり、商人だったり、騎士だったり、錬金術師だったり」


レンレン「なぁーんだ。ただの気分屋じゃないのぅ」


アルフォンスは苦笑する。

アルフォンス「そうだな。 職だけではなく・・・精神的にもかなり変動の激しい人でね」

変な人ってことね!
レンレンが声を荒げる。


アルフォンス「いや・・・不思議な人なんだ」


なぁーによ。惚れてンの?
あの人に


微笑するアルフォンス。

「そういうことなんて出来ないよ」


・・・


「ふん」


レンレンはそっぽを向いて言った。「分かるわ。何となく」


気分屋、で言い切れる人間ではない。


レンレン「ふぅーん。
ま、パパをたぶらかさなきゃそれでいいけどさ〜」


アルフォンス「なんだ、やはりパパ大好きなんじゃないか」


レンレン「そうじゃなくて。・・・あの人何か不思議な感じがするの。
悪い意味で。・・・パパが取り込まれたらヤバいって思って」


アルフォンス「ほぉ。女の直感てやつか?」


レンレン「男には分からないのねー」


少し考えてアルフォンスが言った。

「しかし君のママがもう戻らない以上、パパがどうしようとパパの勝手だろ」


レンレン「違う、、あの人じゃ、パパは幸せになれない」


少し間が開いて。


レンレン「あの人は本命がいるんだもの」

何故かぎくり、とするアルフォンス。


本命の代わりにされたって、辛いだけでしょ?

っていうか、屈辱なだけでしょ。


そんな風に言うレンレンが、とても大人に、、そして冷たく見えた。



そういえば、パパを心配して来たのに、、

パパいなかったなー。


アルフォンス「wis(1:1対話)しないのか?」


口をヘの字に曲げてレンレンが言った。


「ど〜せ『特に心配はないですな〜』とか『大丈夫です!』

しか言わないんだもん・・・」

wis意味ない・・・。


---------------------------------------------------


今日もメイチーに会いに来るジョセフ。

(入れ違いだ・・・)



思い切ってその日は聞いてみた。


ジョセフ「メイチーさん、」

メイチー「はい?」


少しの沈黙の後。。


ジョセフ「シャオイーさんは生きているのでは」


メイチーは普通に答えた。

「生きてますよ」



「生きていると思いますよ」

ではなく、

「生きていますよ」

と断定形で言ったのが何となく不気味だった。


いつもの饒舌なメイチーが何もしゃべらない。


ジョセフは追撃を諦めざるを得なかった。


 

BACK「巡り会い」  NEXT「不条理」