現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

茶色い犬

RO小説本編の目次 > 茶色い犬の目次
 

あっれー、もう着いちった。


ライナスは自分の俊足に少しへへっとなりながら、アルベルタの街に入って行った。


「あれ、」

メイチーさんはまだ来てないみたいだな。


メイチーはいつも定位置みたいなところがあって、アルベルタを一望出来る小高い丘の上に、
茶色い犬と一緒に居る。

たいていその犬とじゃれていて、飽きもせず楽しそうにしている。


「(まさか、、だが、あの犬がシャオイーさん、、てことはないよな)」


ライナスは怖いことを考えていた。


ライナス「(あの中にシャオイーさんの魂が、、いやいやそんな訳)」


だから「生きてますよ!」なんて言えるのかも

でもそれだったら、「この子ですよv」ってあっさり言うだろうしな
(そういう性格してるし)


今まで疑問だったが、あの茶色い犬は一体何だ?


ライナスは実は頭のいい頭脳で色々考えてみた。


「(メイチーさんといつも一緒にいる)」


シャオイーさんもいつもメイチーさんと一緒にいた。


そもそも、メイチーさんはどこに住んでいるのだろうか。


自分の家になら、何度か連れて行ったことがある。

で、クライヴのかっこよさにほへ〜っとなられたりとか。

そういえば、昔ゲフェン(魔法の都市)に家を持っていたみたいだけど、、
その家は売りに出されていたような。


だからどこかに引っ越したのかとばかり思っていたが。


じゃあ、ここ(アルベルタ)のどこかに?

「(・・・しかし 彼女はここにいない気がする)」


じゃあ一体どこにいるのだろうか?


その時。



メイチー「あら、ライナスさん!」


メイチーが突如現れた。


ライナス「あ・・・」

後ろから現れたメイチー。

いつもの茶色い犬を抱いている。


メイチー「こんにちは!」

満面の笑みで挨拶をする。

シャオイーさんともそうだが、ライナスとも大の仲良しなのだ。


きゃんきゃんっ!!


茶色い犬が鳴いている。


ライナス「お、シャオイーさんがやきもち妬いてるぜ」

メイチー「あら」

大丈夫よ、と言う感じでメイチーは茶色い犬をなでなでしている。


ライナスは焦った。


ライナス「(やべーな。メイチーさんてそういえば詮索されるの嫌いなんだったっけ)」


メイチーはそういう類の人間だ。


メイチー「?ライナスさん?」


さっきから考え込んでいるライナスを見て、不思議そうに見るメイチー。


ライナスは散々考え、「もうここは正攻法で行くしかない」と覚悟を決めた。


どうせ勘の恐ろしく鋭いメイチーのことだ。

そして怒ったら恐怖の神になるメイチーのことだ。


回りくどい言い方をすれば、、するほど・・・

きっと惨事になる。


 

BACK「ルナティックステーキ」  NEXT「正攻法」