現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

パンテスト

RO小説本編の目次 > 2つ前の目次
 

うつらうつらとしていたアルフォンスはハッと気付いた。


見ると、ベッドにはレンレンがいない。


「ッ??! レ、レンレン?」

慌てて辺りを見渡す。


窓辺にレンレンがベランダでぼーっとしているのが見える。

ホッとするのも束の間。

ふと見るとレンレンの周りに煙が漂っている。


「おい、何やって・・・」


見ると、レンレンがハッシシぽいものを吸っている。


レンレン「ん?」

くるりと振り向くレンレン。


アルフォンス「おい!不良かおまえは!」

さっとハッシシを奪う。


目をぱちくりするレンレン。


レンレン「?美味しいよ?」


子供が吸うもんじゃない!
っていうか大人だって吸わない!


かつての自分を棚に上げて、アルフォンスは声を荒げる。


レンレン「ふぅーん・・・」

つまらなそうに、レンレンが再度くるりと背を向ける。


その反応に不思議に思いながら、
そういえば大丈夫か?と聞くアルフォンス。


レンレン「大丈夫だよ。それよりさぁ」

アルフォンス「ん」

レンレン「私、寝てる時何か言ってた気がするの。何言ってた?」


言われてみれば何か言ってた気が、、


アルフォンス「アー、アー、アーッ みたいな」


レンレン「アー?」

ちくん、とする。


アルフォンス「ずっと『アーッ』って言ってたぞ」


喉の奥が酸っぱい気がする。

ごくごく、単純な言葉なのに。

変な感覚だ。

なんだ アーッ って


アー・・・


レンレン「何かを思い出しそう」


アルフォンス「ん?前世の記憶ってやつか?」


レンレン「んー・・・どうだろ、、」


ふうん。

アルフォンスは少し寂しくなった。

何となく置いていかれるような。


「そういえば」

思い出したようにアルフォンスが言う。


レンレン「あーっ!自分は私のハッシシ吸ってる!」


アルフォンス「ばっか。大人はいーの」


さっき「大人だって吸わない」

とか言ってたくせに。

信じら〜んな〜い!


腕を組んでレンレンが言う。


レンレン「これだから大人ってもう〜〜
嘘ばーっか付いちゃってさ!」


まぁ、大人はそういうもんだぞ

のんきに言い、美味しそうにハッシシを吸うアルフォンス。


ふんだっ

そっぽを向くレンレン に、


「あ、そういえば」


さっき


アルフォンス「そうそう、『パンテスト』って前に言ってたじゃないか」


ん?

突然の単語にきょとんとするレンレン。


アルフォンスも腕を組む。

そして首を傾げながら、、


「それ、、どこかで聞いたことがあるんだよな
どこかで」


レンレン「そりゃ、、本とか、人がしゃべってるのとか。
幻の職業として話題に上がっている時に、とか」


ん〜と考え込むアルフォンス。


しまいには眉間にしわを寄せ出す。


レンレン「・・・思い出せないと気持ち悪いって顔」

ふふっとレンレンが笑う。


アルフォンス「どこかで、、どこだったのだろうか。うーん」



ひいお祖父さんとかが「パンテスト」だったとか?

レンレンが聞く。


「いや・・・」


考え込むようにして、下を向くアルフォンス。

黙って、そのまま窓際へ行き、ベランダに行く彼。



レンレンは「砂漠の夜は寒いのにぃ」と思っていた。


 

BACK「耳鳴り」  NEXT「アイラン」