現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

あとがき。

RO小説本編の目次 > 罪の目次
 

伊藤左千夫さん(野菊の墓、の作者)という方が、こういう名言を残しています。。

「相思の情を遂げたとか恋の満足を得たとかいう意味の恋はそもそも恋の浅薄なるものである。
恋の悲しみを知らぬ人には恋の味は話せない。」


その通りだな。

何故男性がこんな風に思えるのだろう。

(男性は元来、こういうのが稚拙だと思っていた)


クリスティンとエメラインに犠牲になってもらい、そういうのを書いてみたらこんな暗い話に。

でも大丈夫です。

何がだろう。


悲しみの向こうには幸せが待っています。

多分。



 

BACK「罪」  NEXT「目次」
 

 

今回のお話の 設定・系図(人物関係) などは
こちら より。 (ネタばれ注意!)

 

次の物語→ 2章:2つ前

ナイトライド先生←RO物語本編の目次へ