現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

無害

RO小説本編の目次 > 罪の目次
 

エメラインは途方にくれていた。

wis(1:1対話)をして連絡を取ろうにも、元々ジョセフとのコンタクト防止のためにクリスティンによって凍結されている。
(そんなの出来るのか!)

クリスティンに連絡したいのだが、連絡手段がない。

この屋敷は窓という窓に細工がしてあって、出られない。
文字通りカゴの鳥である。



「クリスティンがどんなに心配しているか・・・」

もしかしたらクリスティンが大事を感じてジョセフにも連絡を取ってるかも。


どうしよう。


バーナードに、「クリスティンにだけ、ここの屋敷にいる」って伝えてくれませんか と頼むか?

いや、、心配したクリスティンが、例えどんな事情を説明しても、人を引き連れてやってくるのが分かりきってるから・・・


バーナードはそんなことはしてくれないだろう。



くらくらっ

そのままベッドに横になった。

あー何も考えたくない。

何でこんなことになったのだろう。

考えるの面倒臭い。



カチャッ

紅茶の香りと一緒に入ってきた人がいた。


「バーナー・・・」



「辛い?そりゃそうだな、・・・こんな状況になった訳だ」


彼は近くのテーブルにティーカップをふたつ置いた。


「カフェインが苦手だったらと思って、君のはハーブティにした」


変な人。


見た感じは普通の人なのに、、
頭おかしいンだなぁきっと。



「君と、、旦那さんの馴れ初めは何なのだろうか」
バーナードは言う。


突然何、、 と思いながらも、

「(面倒臭い・・・)」と思って 拒むのを諦めてエメラインは話し始めた。


エメライン「馴れ初め、、、
なんだっけ、、幼馴染で、、」

バーナード「幼馴染」


エメライン「色んな人と狩りとか冒険をしたけど、、
なんかすごく無害そうな人と会って、、」


バーナード「無害・・・」


エメライン「それがジョセフ。のんびりした騎士さんだった」


バーナード「(・・・汗)」


エメライン「それで、素敵vって思って、くっついたのが、、きっかけ、、」


たらりとしながらバーナードはつっこむ。

「つまり、 君は ・・・旦那さんが無害そうだったから好きになった、と」


エメライン「ええv」

エメラインの頬はリンゴのように赤く染まっていた。


バーナード「(・・・、、、汗)」


バーナードの反応に??という顔をしているエメライン。


エメライン「どうか・・・? 何か変ですか?」


バーナードは言った。

「男に、、「無害」とかそういうのって、、微妙なのではないか?」


エメラインはムッ!として言う。

エメライン「人畜無害!のどこがいけないンです?それだけ丁寧な人ってことですよ!
紳士的っていうかですね」


バーナード「そ・・・う かも、、、 いや、そう、、かな」


自分の変態さを棚に上げて、バーナードはすっかり呆れた。


き、君は愛されてる?

少し聞いてみた。


エメラインはうーんと うなって


エメライン「どうでしょう。でも結婚したから好き合ってるンじゃないでしょうか」


バーナード「どうだろう。・・・案外、女なら誰でも良かったのじゃないのか」


!!

エメラインは目を見開いた。


エメライン「え・・・ええぇぇ」

バーナード「・・・ん?」


顔を上げるバーナード。


エメライン「そ、そうなのかな・・・
やだ、そんな気がしてきちゃった」

突然不安になったのか、急に立ち上がって、両手を後ろに組みながら、
途端にうろちょろしだす。


思い当たることでもあるのだろうか?


バーナード「・・・思い当たることでもあるのか?」

あまりに反応が早いので、不思議になって聞いてみた。


エメライン「いや、何か、・・・図星突かれたような、そんな感じがして。
あれ、、そ、そんなこと、、ないと思う・・・のですが、、」


ずっと不安そうにうろうろしている。


不思議そうに見守るバーナードだが、慰める?ように言った。


バーナード「良い機会だから別れたらどうだ」



パッとエメラインがこっちを見た。


エメライン「それだけはしません・・・」



その目を見て、彼女の深い想いを感じた。


一気にイライラッときたバーナードは言った。

それくらい、思った以上の、深い深い彼女の愛情を感じた。


「いずれにせよ、君は当分帰さないからな!
どうせそうだ!
君が想ってるだけで、彼は君なんて何とも想ってないさ!」

女だったら誰でも

と言おうとして、エメラインが


エメライン「やめて!!!」


すごい声で制止してきた。


エメライン「やめてやめてやめて!」


目をつぶって両手で耳をふさいでいる。



エメライン「彼は、そんな人じゃない!
でも、、例えそういう人でも、、、でも私は」


彼を愛している


そう言いたかったけれど、何も言えなかったようだ。


しばらく、無言のふたりだったが、
やがてエメラインはえぐえぐと子供のように泣き出した。


バーナードは黙っていたが、
あまりに長くずーっと泣いているので、、


「不愉快な涙だな! 私は君を好きだと言っている!(言っているのか?)
そういう男の前でいちいち他の男を思って涙を流すなど!
実に失礼極まる!」


と怒鳴った。


エメラインはそれどころではない。


「難しい単語ベラベラ言わないでよう。
私、、ジョセフに愛されてないかもしれない。
たまたま私が好きって言うから じゃー結婚するかって結婚しただけなんだ・・・」

うわぁああああん!!


大人が見苦しい、、

これは心を許してくれている証なのか?

いや、、

それにしてもいい大人が本当にみっともない・・・


イライラが頂点に達したのだろう


パシーン!


とうとう手を上げてしまった。


エメライン「う、うぇ?」


バーナード「頭の悪い女だな!・・・こんな女に夢中になるなんて
これが私の本性か。何て情けない!」


(変態だが)非常に美意識の強い彼は、
子供のように泣くだとかみっともない姿を見せるだとかが大嫌いなのだ。

それが、愛する女性なら なおのこと精神的にくるもので、

どうしても手を上げざるを得なかった。



エメライン「(む、夢中・・・? 夢中になるなら、、どうせならジョセフが私に夢中になって欲しいのにぃ・・・)」



引き続き頭の悪いことを考えるエメラインであった。


 

BACK「バーナード」  NEXT「ざわめき」