現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

エメラインのまどろみ

RO小説本編の目次 > 罪の目次
 

エメラインはふっと起きた。

そして、周りを見渡して、状況を飲み込もうとした。

自分は誰で、誰が傍にいて、どこにいるのか。
ここはどこなのか。


大きなベッド。

そこの中央で寝ていたエメライン。

起き上がり、靴を探そうとしてよろめく。

くらくらっとしてあやうくベッドから落ちそうになった。


もうどのくらいここで寝ていたのか


ここに寝かされている意味が分からない。

誰かを探して聞いてみないと。


ふらふらしながら靴を履いてドアのところまで行き、ガチャッとドアを開ける。


それだけで重労働だった。


誰か・・・


「エメライン!」


聞き覚えるのある声。

というより、自分の声?


下からいそいそと階段を上ってやってくるのは、自分と同じ顔をした女性・・・


「クリスティン・・・」


懐かしい人。

エメライン「(私の双子の姉・・・)」


よろめくエメラインをすかさずクリスティンが支える。

「起きてて大丈夫?大丈夫?どこも悪くない?」


エメラインは正直に言った。

「あ・・・ちょい貧血気味・・・」


クリスティン「あ、じゃあちょっとこっち。

まだ休んでいた方が。
ちょっと待ってて」


あ、クリスティン

「ま、待って。あの、私・・・」


な、何?

「どこか具合悪いの?大丈夫?」

過保護なくらい心配するクリスティン。


無理もない。

ずっとずーっと、、寝ていたエメラインが数週間ぶりに起きたのだから、、


朦朧とした状態のまま、エメラインはやっと言う。


「ここは何処、、」


ここは、

ジョセフ(エメラインの夫)が建てた塔で、

クリスティン「今まで、療養のためにあなたをここに寝かせていたの」


・・・


「(ここは何処・・・)」


見慣れない部屋に戸惑いを感じつつ、めまいが止まらないエメライン。


---------------------------------------------------



ザザァ ザザーッ

久し振りのお風呂は気持ち良い。

今頃、クリスティンが枕や掛け布団などのシーツ交換をいそいそとやってくれているに違いない。


くらっ

「うっ・・・」

気を失いそうな厭な感覚。
お風呂で倒れれば恥この上ない。シャキッとしないと・・・

エメラインは気を引き締めた。




入浴後、クリスティンに言った。


エメライン「な、どうして?」

クリスティン「駄目ったら駄目なの!」


クリスティンはエメラインの結婚指輪を外そうとした。


やめて!

クリスティンちゃん、怒るよ!

エメラインは頑として抵抗する。


違うの

エメライン、あなたは休まないといけないから


ジョセフに頼ったら、、


「(あなたのことだから、また無理をして・・・)」


やだ!ジョセフに会いたいもん

指輪取らないで!


この世界では、指輪でお互いを呼び出すことが出来る。

結婚した夫婦は。


エメライン!

駄目なの!

ジョセフに依存したら、ジョセフのために頑張って

「(また倒れちゃう!)」


倒れさせたのはジョセフだけじゃないけれど、、

色んな人がエメラインに無理強いをしたのだけれど・・・


必死に抵抗するエメラインを、クリスティンは無理矢理力で押さえつけて、

指輪を抜き取った。


殴り聖職者なので、力が強い。

普通の支援魔法系聖職者のエメラインがクリスティンの力に勝てる筈が無かった。



昔は、、

子供の頃は

私がすごくアホで(アホ?) エメラインがそんな私をフォローしてた。


「(それなのに)」


何か入れ替わっちゃったみたい


「ジョセフぅうぅぅ」

哀しそうにエメラインは夫の名を呼ぶ。


そのさまを、クリスティンはずっと見ていた。


---------------------------------------------------


カチャッ


スースー

寝息が聞こえる

クリスティンは安心した。

大切な人が休んでいる姿を見るのはとても心が安らぐものである。



そして、屋敷の外に出ていき、

近くの浜辺に降り立った。


ザザーッ

ザザーッ


ありゃ相当重症だー


あの気の強いエメラインが泣くなんて。

「・・・・・・」


クリスティンは深いため息をついた。


エメラインから奪った、結婚指輪を眺める。


ジョセフばっかり。


「(私のことも、少しは頼ってよ)」


ジョセフと結婚してから、私のことどうでも良くなっちゃったみたい。


妬けてきちゃうよ

もー・・・




しゅぴぴ〜ん


突然 プリーストの魂が掛かる。

レンレンだ。


レンレンはエメラインの長女で、
超常現象を操る不思議な子であった。

プリーストの魂、とは、彼女が就いている職「ソウルリンカー」が出せる魔法スキルである。


クリスティンは、後ろを振り返る元気もない。


レンレン「伯母さーん。あ、クリスティンさーん
やっほーう」


クリスティンは後ろを振り向いて、

「クリスティンでいいわ。伯母さんでもなんでもー」

と言った。


レンレン「ん〜、じゃあクリスティンさん」

クリスティン「ん」


うわ〜気持ち良い〜♪


レンレンは靴も靴下も脱いで、裸足になって砂浜に足をぱたぱたさせた。



レンレン「ママの様子はど〜う?」

聞くレンレンに、


「そうね、、、ちょっと寝かせた方がいいかもしれない」

たるそうに言うクリスティンに、


うっわ、相当悪いわね、、、 と たらりとなるレンレンであった。


 

BACK「ゆらゆら」  NEXT「つた絡み」