現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

2.5次元の

あれは、中学校の頃。

寂しげな白い花が舞っていて、それなのに太陽がすごく眩しかった。
・・・そんな日だった。

クラスの女子が、私を盾にそっと後ろから覗きたかったのか・・・

「ある人がいるんだけど、少し見てみたいの。
ひとりじゃ恐いから一緒に来て」

と言ってきた。


そこは、とある公園。

バスケットボールをやっている中学生男児たちがたくさんいる。

「こ、ここ?」
驚いて彼女側に振り返る。

さらさらさら

え・・・

白い花だけが舞っていて、彼女は・・・倫子(みちこ)はいなくなっていた。


「倫子ったら!何処行ったの」
散々探したが、倫子の姿は何処にもいない。

からかわれたのだろうか、としばらく腕を組んで
先程のところに待つ私。

しばらくしてやはり耐えきれず、
再度私は何度も何度も周辺を探した。
・・・

その頃は携帯電話などない。
連絡の取りようがない私は途方にくれた。

「(狐に化かされた経験、て後でネタにしよ)」

 
・・・

不条理な出来事は結構身近にあるかもしれない。
昔からそう思っていた私は、たいして取り乱さなかった。

時空の歪みとか、何でも規則正しく動く世界がたま〜にミスを犯すとか。
そういうのだろう、と気楽に。


ぶわっ!

それは、白い花びらたちが、「この時のために今まで降っていたんだよ」
と言わんばかりの光景。だった。

今か今かと待ち構え、来た!と同時に花びらたちが一斉に私に、、

いや




あれから何年経っただろう。
何年も何年も・・・・


ある日、あの頃に戻りたいと思った。
「あの人に会いたい!」と。

もう十何年も経っているのに。

・・・

公園に着いた。
もちろん人はいなく、公園の椅子に座った。

あの日のクラス内―

クラスメート『倫子?誰それ。どこのクラスの子?』

あの日、誰も倫子のことを忘れていた。
というより、「初めから知らなかった」というような感じであった。



ふと、公園の何処かのでかい袋?がカサッと鳴った。

・・・
「(何かいる?)」


かくれんぼしている小学生?
密かに飼われている動物?

気付くと私はサクサクとそこに向かって行った。

虫が出てきたらどうしよう、と思い、一応遠慮深くポンポンッと叩いた。
ピクッと反応するの中の主。

「あのっ どなたでしょうか」
少し大きめの声を出す。

「開けますよ!」
バリバリッ、少し固かったので強めに開けた。


呆気に取られる私。

えっとえっと、初めて会ったときは中学生だから、何年ぶりだろう。
いちにーさん、の えーとこーだから。

普通は「キャーッ!」とか逃げ出したりだとか、警察?呼んだりとか
そこまで出なくても、驚く反応をするだろう。

とっさに何年ぶりだろう・・・と宙を見ながら数えていた。



何処を歩いているのか分からない。
正午くらいの昼間、或いは夕闇の時刻。

このまま、歩いて。
夢から覚めるのか。
じゃあひとことでも!

私が目の前の人物に声を掛けたと同時にその人は振り返った。

「わ、私の想いに応えてくれたんですか
あなたは・・・この世界の人間ではない。
私があまり恋しがるからあなたは、現れて」

彼の後ろ側は渦巻状になった。あまり恐くないブラックホールのような、というか。


プルルルル
プルルル

プッ
彼は携帯電話を取り、話していた。

事務的な口調からして、プライベートではないよう思われる。


サクッ

「(何か恐い・・・。このまま帰ろう
異世界に連れてかれるかもしれないし)」

後ずさりして、「もう家に帰らなきゃ」
と言った瞬間、

寂しげに彼は言ってきた。

「もう行くの?私に会いに来たくせに」


・・・

そこは、御殿のような場所だった。

「夢の世界ですか・・・」
呆気に取られる私。


彼は、テーブルで軽食を取る私に、煎茶を置いた。

私は思い出す。
あの日、白い花びらが舞い、 目の前の人物に会ったのだ。

忘れられない想い出。

公園の袋に入っていたのは、失くしたはずのぬいぐるみ。

男性は言う。
「君のぬいぐるみ。
・・・盗んで私の元に置いておいたら、
いつか必ずそのぬいぐるみを取り戻そうとして・・・
もちろん無意識だが」

ひと呼吸置いて彼は言った。
吹いている風が強くなった。

「君にまた、会えると」 
 
・・・?
・・・?

元々、彼が私を何処かで見掛け、私にこっそりと会いに行くようになった。
そのうち、私があの公園に良く立ち寄るのを知り、たまに私に会いに来るようになった。


あの日(白い花びらが舞った日)、偶然私が彼を好きになり。
彼の「形代(かたしろ)」のぬいぐるみを買った時、
彼はすっとんできた。

それが、私・・・「倫子」、のぬいぐるみである。
「ああ、思い出した。『倫子』は私だった」
ぬいぐるみを抱いて呟くように、言う倫子。「倫子」のぬいぐるみである。


あの日。『形代』が届いた日を思い出す。

小兄『配達まで1ヶ月もあるのに、1週間で届いてる。うわー早すぎない?(汗)』

配送予定日が何日だから、 いちにーさん、の えーとこーだから。
あまりに嬉しすぎて、ひたすら日にちを数え、
何日早く来たのだろうと、計算していた私。

そして
包みを開けた。

バリバリッ

2.5次元でも何でもない、一応3次元の「あの人」。
ぬいぐるみ。

私はとても嬉しかった。

・・・そんな記憶。


-------------------------------------------------


大兄「え〜?2.5次元て何?
アニメキャラと現実の女の子の間?」
マイペースな一番上の兄がお煎餅を食べながら言う。

倫子「実在していないけど、2次元の存在でもない気がして。
・・・元2次元なのかも(2.5次元)」

ふたりは、精霊とか神様は3次元より上の4次元なのかも、などという話をしていた。

夢って不思議。
今までのダイジェスト・ストーリーと、意味不明なものまで混じっちゃって。

雨が少し降っていたが、だいぶ収まり、蒸した空気が室内に入る。


大兄「でも夢ってそんなもんじゃん?」

「うん」

・・・

小兄が大声で言った。
 
小兄「あのこ大切にしてる?」


何処から何処までが幻想で、現実か、昔のことすぎて分からない。
全部幻想かもしれない。

しかし倫子の「あの人への想い」と、ぬいぐるみ(形代)が有る、
という事実は変わらない。

「2.5次元の世界ってあると思うんだ」
そういう倫子に、
霊感のある小兄が言う。
「あると思うよ?!」

小兄「そのうち、その人、こっちくるかもね」
倫子「3次元?」

うん

「倫子に会うためだけに・・・」


 

BACK