現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

シベリアンハスキー

シベリアンハスキー・・・

真澄を例える若菜。


タバコを吸えなくて若干落ち着きの無い真澄が訊く。

「シベリアン?美味しいのそれ」


外見は格好良いんだけどね。
格好良いっていうか。「格好良くはないんだけど、男の色気があるっていうか」

真澄「お?」

若菜「中身がおっさんなのよ」

・・・



それが『シベリアンハスキー』?
と真澄。


若菜「うん」

シベリアンハスキーは外見はいかにも格好良い犬です!怖いんです!という感じだが・・・

中身はぼーっとしているらしい。


でも、一度その魅力に取り付かれたら、、ずぅーっと虜になってしまって離れられないという・・・


真澄「でも色気はあるんだ。外はいいのか。ま〜俺ホラ色気の塊だし。
んで。・・・え?おっさん?中が?」


若菜「うん。何ていうか。見事に分離しているっていうか」

真澄「えー理想的じゃん。まぁほんっと言うとさ。俺中身も格好良いんだけどな?
ほら、どっちもいいと駄目じゃん。色々とさ」


スカイツリーが見えるガラス張りのお洒落なカフェ。

若菜と真澄はちゅ〜っと杏仁ジュースを飲んでいた。


でもさ

真澄「こう言ったら怒るかなぁ〜〜(笑いをこらえてる)
若菜さんてさっ、(あえてさん付け)色気・・・ないよな。ハッキリ言って(プッ)」

慣れているのか、全く怒らない若菜。

若菜「そうなのよ。色気本当なくて。良く言われるわ・・・汗」

あ、じゃあ

「色気無いのもまぁ、、じゃあ中はおばちゃんではない。となるよな。
・・・中が色気?
つうか俺色気色気言い過ぎてるじゃん(笑)」

若菜「どーだろ。そうでもないかな」


---------------------------------------------------


知らなかった。
何これ?

立ち寄った本屋。

『あなたは淑女ぶっていますが、中身はまさに娼婦』

真澄「これ多分当たってるね!」

何となく手に取った占いの本。

省略するが、真澄の方は『欠点がない完璧人間』のようなことが書かれていた。


おっさんに負けるなんて!

人がいるというのに叫んでしまった若菜。


店内の人に一通り謝り、本屋を出るふたり。

しかしねぇ

「若菜がそう〜いう面があったってのがねぇ。
ん〜まぁ。人って色々あるからね。うん。
うん。うん」

ちょっと

若菜「決め付けないで!
私そんな風に見える?」

・・・

あんっがい

ニヤリ
「そういう面あるかもっ、て思うね俺は!」

・・・

若菜は感心してしまった。

「普通は皆信じないし、見事にだまされるのに。
真澄は分かるんだ!
見抜き上手ね」


お洒落をバッチリして憧れの役者の卵、真澄に近付いた若菜。

飾らないところがいい、と気に入られこうして友人のような関係になった。
(注:めちゃくちゃ飾っていた)


何て素敵な人、、といつもドキドキしていたのだが、、

近くで話す度に「おっさん偏差値」の高さを感じ、ギャップに毎回頭がくらくらする若菜。

「(70は軽く行ってるわね・・・)」


可愛い子とか若い子にちょっかいを出すとか
そういうのはレベルの低いおっさんなのである。

というかそういうのは少年に還っただけの人であって。
むしろ女に興味を吹かしている時点で若い証拠とも言える。


真澄はくたびれているのだ。

役者としてインタビューに出るとか舞台に出るとかでは「仕方無く頑張っておしゃれにしている」。
でも結局「それじゃみっともない(←)!」とヘアメイクさんや監督に注意され、他人の手によって整えられる・・・ということを毎回している。


オフではヒゲ剃らない、鼻毛切らない、よれよれのTシャツによれよれの短パン。(・・・)
サンダル。
髪の毛もとかさない。

お酒の強さはおそらくS級(超A級より一歩上)。

父親、母親、お兄さんが肺がんで亡くなったというのに
毎日ピースを60本吸っている。

それでいて、健康診断は「何の問題も無し」と毎年出ている。


話し方もおっさんで、仕草もすべてが・・・

だが、

人生観がとても達観しているというか。

若菜「(タメになるのよね〜話していると)」

(※ある意味そういうのもおっさんの特徴?)


しかし・・・

外見がセクシーなので皆だまされる。

お上品な人なんだわ、とか下品な人とか嫌いなんだわ、とか

ファンの人間や、真澄を知っている人間たちはそういう風に思う。

色気の権化とでも言うか・・・


どの男性も真っ青になるほど中身は  なのに・・・


いろは坂。

若菜「紅葉キレイだねー」

真澄「ちょっとだけ来るの、早かったけどな」

今9月だけど、10月にまた来ようよ〜 と若菜。


サクサクッ

おい若菜〜

「結婚でもすっか 10月は俺たちの誕生日だしなっ」

くたびれた雰囲気に良く合う紅葉たちが、、茶色い葉たちがひらひら舞い散った。


---------------------------------------------------


ふたりは「夢に出てきそうなくらい怖い顔をしたシベリアンハスキー」を飼った。

子供だったら(子供じゃなくても)確実にちびりそうになるだろう。
しかし中身はぼへ〜んとしていた。


えぇっ!

ある日若菜はとんでもない記事を目撃した。

『色気のある男性は「テストステロン」というホルモンがたくさんある証拠です。
いずれそれは「DHT」というホルモンに変わります。
それは毛髪を少なくさせます。
つまり』

・・・


少し涙ぐむ(ひどい)若菜。

ハゲたら余計おっさんになっちゃう・・・。


でも、虜になっちゃったから。

「(ずっと離れられないのだろうな)」と思った。


 

BACK