現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

A、B、C、D、Eの男女5人は、ある思い出を共有している。

内、Eは現在もとある病院に入院している。
総合病院で、精神科兼眼科にかかっている。


Eは目に障害を持っていた。
いや、障害ではないのだ。
・・・


---------------------------------------------------


数年前、A〜Eたちは心霊スポットである廃屋に行った。

その廃屋は昔殺人事件があったらしい。

廃屋到着後・・・。
入ってみると、今しがた家族三人で食事をするかのように並べられた食卓が・・・。
他は荒れ放題。

玄関にはお札(おふだ)。普通ならここで引き返すが、探検?を続行する一味。

二階に上がると、廊下は錆びた血のようなものが一面に。
ある部屋には子供が描いたような大きな顔が描かれており、
目は黒目が描かれてなかった。

そしてその顔を囲むように、びっしりお札(おふだ)が貼られてあった。

やばすぎると思い、ここで皆は帰った。


・・・はずだったが・・・

ひとりだけ、その廃屋に残ってしまった人間がいた。

何故残ってしまったのかは不明。
そして他の人間たちは、置いて来てしまったことに、ひとりも気付いていない。

出入口などが全て木材でふさがれてしまい、外に出られない。
深夜なので、そして近所に民家もないので、助けも当然呼べない。

そのひとりは、、恐怖の一夜を過ごすのだった・・・。


---------------------------------------------------


A「ねぇ、あの廃屋って、実は殺人事件があったんじゃなかったんだって」

B「えー、じゃ何?自殺とか?」

A「子供が何かに両目をぶつけて血だらけになったんだって。
それで『ママ、見えない見えない』って両手で両目を押さえながら歩いてて
それで、階段から・・・」

B「はぁ?何ソレ」

A「子供が階段から落ちる瞬間を母親は見たんだってさ」

B「えー。超可哀想じゃん」

A「そうなのよ。だから頭おかしくなっちゃって。
ちゃんと見てなかった自分の、眼球を・・・取っちゃったんだって」

B「うっわー。母性本能ってやつ?
あーでも何か可哀想だね。ひどい・・・」

A「で、帰ってきた父親の目を、取っちゃったんだって」

B「何で?」

A「自分の眼球がないから」

B「じゃあさ」

A「うん」


なんで、廃屋に残ったE君は、目が、、眼球がくりぬかれてたんだろ





2ちゃんねるの『洒落怖』の創作と思われる話を、更に創作。

これは別に怖くないですが、「実際に自分が同じ体験をしたら怖い話」として書いた感じです。
読んで怖い、見て怖いより、「自分がその場面に遭遇して怖い目に遭う話で怖いのって?」
と考えた時に「廃屋に取り残される」かなーと。


 

BACK