現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

悠久を織る国

せっかちで新しいもの大好き人間、悠悟(ゆうご)。

のんびりで新しいも古いもどっちも好きな彩織(あやり)。

ふたりは赤ちゃんからの付き合いで、結婚後に大還暦以上を生きた。


---------------------------------------------------


西暦2XXX年。

ふたりの子孫は「悠」と「織」がつく人間たちで溢れていた。


彩織「何かあるのかしら。『織る』、、に『悠』・・・

悠久を織る、、とか」

悠悟「いいね」


悠悟はあやしい超能力を持っていた。

逝去して成仏した後も雲の上からじ〜っと子孫たちを見守る。


彩織「でも、悠悟のような超能力を持つ人間がいなくて本当に良かったわ。
持ってたら大変だったもの」

悠悟の超能力は、部屋をリゾート地や宇宙空間などにする、などのことや動物を出現させることなどだ。


もうこういう力を持つ人間が現れないといいな、的なことを言う悠悟。

彩織「何言ってるのよ。持つ訳ないじゃないの。持っても大丈夫だから貴方が選ばれたんでしょ。
他の人間が持ったらどーすんのよ。
地球がすぐ滅亡しちゃうじゃないの」

悠悟「滅亡・・・」

滅亡まで行くだろうかと思う悠悟。


切なそうな顔をする彩織。

「こうして見ると普通じゃない。日本て。
どうしてたまにくっだらない争いなんてあるのかしら」

とても美しい日本列島を雲の上から見下ろす。

・・・

腕の伸ばし右手の人差し指をピッと日本列島に指し、しばし静止する悠悟。

何か説明でもするのかな?
ここの地域はどうこう、とか。

「(悠悟は博識だもんね。どんな説明が待ってるのかしら)」

ワクワクする彩織。


チュドオオオオオオオンッ!!!!!!


グシュウウゥウゥゥゥ

トプッ トププッ チャプンッ


最後に両腕を伸ばして手の平を日本列島に向ける。

巨大な光りの玉が沈んだその部分に広がった。


「・・・・・・・・・」

言葉も出ない彩織。


に、日本列島壊しちゃったの?

かろうじて言えるのは長年の付き合いだからであろう。
常人だったらきっと言葉も出ない。


悠悟「確かに攻撃的な能力はあるな
貯金してたからか」

やはり地球滅亡は大袈裟ではなかったんだな、的なことをしんみりと言っている。

貯金、とは「神様から超能力を授けられたが、すぐに使わずに貯金していた」ということを表す。(過去参照)


彩織「・・・悠悟が壊すってことはどうしようもないってことね」

彩織は悠悟を尊敬している。

日本が滅びても最初は驚いたが「運命なのね」と受け入れた。


途端に海から綿のような雪が出てきた。

雪たちはくるくる回り、あっと言う間に北海道島を創り上げた。

ピロリロリッ

ピピーッ

沖縄の辺りが復活していて、沖縄本島から音楽が流れてきた。

まるで本当に、、本当に、、美しいコンピューターグラフィックのような、、
そんな感じで日本列島が綺麗に甦った。


悠悟「一応皇室の人たちは避難させておいたから大丈夫」

彩織「・・・・・・・・・・・・日本列島を滅ぼす前に・・・避難させておいたの?」

悠悟「うん」


彩織「甦ったはいいけど、、(慣れてるので復活が早い)今までの人たちは海の底に沈んだんじゃないでしょうね」

あの瞬間はそうしたけど、今はもう元通りになった、と悠悟。


付き合いの長い彩織は思った。

「(一瞬だけでも滅びる警告を与えて、それで人間たちを変わらせようとしたのかな)」

滅びた記憶は、、きっと一生忘れないだろう。
でも、甦った。

誰もがあれは白昼夢だったと思うだろう。

しかし日本中皆が同じ体験をした、という事実は確かなものだと気付き
「何か」が変わるかもしれない。


あははっ

満面の笑みで彩織が笑った。

『何言ってるのよ。持つ訳ないじゃないの。持っても大丈夫だから貴方が選ばれたんでしょ。
他の人間が持ったらどーすんのよ。
地球がすぐ滅亡しちゃうじゃないの』


『持っても大丈夫だから貴方が選ばれたんでしょ』


それで試した、って訳・・・汗


---------------------------------------------------


これから先、ずっと人間は血脈を広げていく。

悠悟「子孫が末永く残っていきますように」

彩織「いつか悠悟がお稲荷さん出したでしょ。
あのお稲荷さんになって、狛犬でもいいわ。私たちが子孫を見守っていかないとね」

どっちが男側でどっちが女側だっけ。
悠悟が聞く。

狛犬やシーサーや阿吽の像と同じよ。

「見た人から見て、右側が陽。つまり男で、左が陰。つまり女よ」

ほー

何の動物になるか、と彩織と相談する悠悟。


悠久を織る一族(ただし超能力は持たない)は
きっと長らく繁栄するであろう。

悠悟はきっと天罰の使者になっても大丈夫だろう。
理性的だし、きっと感情には流されない。

子孫が悪いことをしたら悠悟は正しい判断で罰する。
・・・と彩織は思っている。

実際はどうか分からないが。


情報の常に最先端を行く部分と、
古きも新しきも両方大切にする

私たちが主役って訳じゃないけど

「そういう国になるといいわね」


悠悟はきなこ餅をむしゃむしゃ食べている。

最近出た新しいタイプのきなこ餅らしい。


彩織「(・・・汗)」


下では、つまり日本では今、ファイナルファンタジー50が出ていた。


(了)


 

BACK「悠」  NEXT「目次」