現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

悠(ゆう)。

四季 悠悟(しき ゆうご)と
四季 彩織(しき あやり)の愛の結晶である。

(化学合成物とも言う)


母親の旧姓は「紫野」。

四季、に紫が混ざったとも言えよう。


その化学合成物が「悠」であった。


色とりどりな才覚。

彩織は、自分が生んだ子とは思えない、、
とポリポリお菓子を食べて映画を鑑賞するように悠を見ていた。


悠悟もしばしば、悠の「普通じゃないぶり」に感心した。


---------------------------------------------------


悠悟は「常に情報の最先端にいる」人間である。

対し彩織は「古いものも新しいものも、いずれはどっちも『古いもの』になるでしょ。
なら、両方可愛がらなきゃ」の人間だ。


悠悟は「からぁ」という話で「自分はニュートラル。ライトにもダークにもローにもカオスにも属さない」と言っていた。

「けど」
と彩織。


あの子は「ニュートラル、も、持っている」わね。

長い階段(お金持ちの家にあるようなぐる〜んと曲がった長い階段)から悠を見つめる悠悟と彩織。

この豪邸は悠が築き上げたものだ。


ライト、ダーク、ロー、カオス、ニュートラル
全色コンプだな
息子を評価する悠悟。


---------------------------------------------------


現在。

歳を取り、子孫たちが大量〜に出来た。

それはもう・・・


彩織「色とりどりね。

偏ってる子もいるけど。それぞれ才覚あるし」


うん。と悠悟。
(どうでもいい、と思っている)


四季がめぐり、たくさんの時を過ごし、
ふたりは一世紀以上長生きをしている。

それでふと、一番最初の子孫(子孫)「悠」を思い出したのだ。


懐かしいわ
目を細める彩織。

彩織「ムスコン(息子・コンプレックス)だったから、、随分真織さん(悠の奥さん)にやきもちを妬いたものだったわ・・・」

しょぼ〜ん、、と何ヶ月も落ち込んでいた自分を思い出す。


悠悟「いい男だからな」
と悠悟。


そうよ!(少し涙声)、いい男っていうか、、いい男よ。何て言うか、、いい男なのよっ


悠の方はどちらかと言えば母親が苦手であったが・・・。

(悠は大人っぽく、彩織は子供っぽいので話が合わない。かみ合わない)


悠悟「俺はどうした」



悠悟に向き直る彩織。


常に一番でありたい男心。

呆けていない、何よりの証拠だ。


息子にライバル心を燃やす手の付けられない男の子、悠悟。


っていうか

「一族の家長じゃない、悠悟っ」


悠悟の父親である悪魔、貴人(たかひと)はすでに他界している。

(※悠悟は天使と悪魔のハーフ)

必然的に「四季一族」の家長は「悠悟」ということになる。


ん、そうだったか?

少しまんざらでもない悠悟。


四季一族の家長、「四季 悠悟」


彩織「一族全体を、悠悟が『指揮』するのよ。カッコいいじゃない、響き的に」


ここで調子に乗ったら負けだと、クールに「そうか」と言う悠悟。


しかし飲み物を取ってくる時に盛大にコケていた。


もう一世紀以上も付き合ってるけど、コケたところなんて一度も見たことないわね、、
と とても驚く彩織。



偶然にも、悠の話をしていたその日に悠が遊びに来た。

近くを通ったものだから。と。


悠悟と彩織の住み処はとても綺麗な海のすぐ傍にある。

観光系の施設がたくさんあるため、観光で来たのだろうかと両親。


実際は会社の支社に用事があり、その帰りに近くのここに寄ったのだと言う。


彩織「えっと『狛稲製薬』?・・・10個目の狛稲、かしら」

悠から渡されたパンフレットを読みながら訊く彩織。


ええ、と悠。

悠の会社は、表に「狛犬の像」、裏門には「お稲荷さんの像」が鎮座している。


という訳で「狛稲」なのだ。
読みは「こまいな」である。


悠「ほとんど悠馬(ゆうま)君にやってもらっていまして。
私はあまり知りません。情けないのですが」

悠馬とは悠の「曾孫」である。

悠悟と彩織にとっては「玄孫(やしゃご)」ということになる。


ひぃ祖父さんになっても相変わらず凜としている悠。

唯一勝てない相手である「悠悟」に戦いを挑む。
挑発オーラとでも言うか。

悠悟も同じで、ライバル心を持っている。

・・・

男同士って大変ね〜と彩織は、悠のお土産の
ウィスキーチョコレートと、色んな犬種をお菓子にしたものをはぐはぐ食べていた。


確かに。

「(四季も、紫も、ライトもダークもローもカオスもニュートラルも持っている存在ね。
天使と悪魔のクォーターでもあるし。

でも。そんな貴方を「創った」のは私たちなのよ、悠・・・)」


あなたという存在を創った、私たちを・・・忘れちゃ、駄目よ。
悠・・・



悠悟、、手を、、

手をつかんで、、

そう思いながら、深く寝入る彩織。


 

BACK「本当はね」  NEXT「悠久を織る国」