現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

忠義

この話は「第8話:グルアとティアナ」という話の後日談のようなお話です。

犬関係のお話。


グルア(変身前) ティアナ(変身前)

---------------------------------------------------


『人はいつか裏切るかもしれない。

でも、絶対裏切らないのが「犬」なのです』


「くっだらないわ!」

目の前のテーブルにパサッとパンフレットを投げる彩織。


先程、「お餅と鶏の揚げ包み焼き」を作り、あまり出来が良くなくてご機嫌ナナメになっていた。


「犬なんて。所詮犬〜なのよ。
ご主人様だって『強く』なきゃ駄目なんでしょ?

序列で決めるなんて最悪〜」


もぐもぐ

もくもくと彩織の「失敗作」を食べる悠悟。


彩織の目の前の白いテーブル。

昼に買ってきた『ゴルゴ13』130巻と、

犬の十戒・猫の十戒」というパンフレット。

が。置いてある。


『ゴルゴ13』の130巻は「黄金の犬」という話が載っていた。


---------------------------------------------------


任務完了後にゴルゴは、任務のために素晴らしい働きをした犬たちに「或る」命令を下す。

犬は主人と決めた人間を何処までも追う習性があるため
そのままにしておけば、ゴルゴを何処までも追ってしまい、

結果的に敵に居場所を知られてしまう危険性を作ってしまう。

だからこそ・・・。


くぅ〜ん

最後の別れ。

この世から去ることの悲しみではない。
主人と別れることの悲しみの声であろう。

(何だこのナレーションは)


パラシュートで去るゴルゴ。
直前に犬笛を吹く。(犬にしか聞こえないという笛)
合図、である。

一斉に崖から飛び降りる犬たち。

命令に従った。

今後、本能でゴルゴをどうしても追ってきてしまうだろう。
止むを得ない事情で、「そういう命令を出」さざるを得なかった。

犬たちはその命令を飲み、実行。



「短期間でこんなに犬たちと信頼関係を築くとは」

「奴は東洋の悪魔か?」

呆然とする敵たち・・・


---------------------------------------------------


グルア「これは、、紙の上に描かれているとはとても思えない、素晴らしい草子(本)ですね」

グルアが感動している。


でもそんなの二次元のお話だしっ。
「主人」てやつになんないと駄目なんでしょ?

強い人間だから、「ゴルゴだから」てのが。気に食わないわ。

と彩織。


ティアナ「強い人間に付くのは当たり前じゃなくて?」

妖艶に肩肘をついて言うティアナ。

壁に寄り掛かっている。


ちなみに今はグルアとティアナは人間化し、カジュアルな服装をしている。

黒いワンピースにふっわふわ黒カーディガンのティアナ。
白いTシャツとズボンに、ふっわふわの白いカーディガンを羽織るグルア。

(ふたり(二匹)の性格を表しているかのよう)


ティアナ「それに。御上(おかみ)には誰も勝てないわ」

ティアナは悠悟(=御上)ラブラブだ。
まただ〜という顔をするグルアと彩織。


グルア「貴女の御上への忠義心は分かりますが、草子の人物と比べても・・・(汗)」

ティアナ「だって〜凄い凄い言うんですもの。
んくっ」

片手に持っていたワインを飲むティアナ。


---------------------------------------------------


う"っ んっ

ゴルゴ13の「黄金の犬」を読んですっかり感動してしまい、涙をこらえながら続きを読んでいるティアナ。


グルア「ティアナ、ティッシュは御入用ですか?」

いつも勝手にハンカチやらティッシュやらを差し出すと、
「悲しみという目に見えない精神的なものが「物質化」した『涙』を「拭く」という行為を他人が勝手にどうこうするのは無礼よ!」
と怒り狂うティアナ。
(誇り高い・・・)


べっ

べっつに!

御上と私のことと重ね合わせて読んだだけよ!

「カートゥーン(漫画)如きに感動する訳ないでしょ!」

ぐしぐし(手で涙を拭いている)


ちなみに、今悠悟は「日本の神々」と「道教の神々」が合同で主催している宴会に呼ばれ、出掛けている。

両親が人間ではないので、様々な世界と交流を持たなければいけない)


だいぶ前にお誕生日プレゼント(第8話)で色々と時を過ごしたグルアとティアナ。

そういえば
「ふたりは兄妹なの?それともなんなの?」

疑問に思う彩織。


振り向くふたり。


ティアナ「パートナーかな」

グルア「犬の頃に、、まだ狛犬に成る前に縁あって御上に引き取られ、
以後一緒にいるようになりまして・・・
戦友と言いますか。朋友のような関係とでも言いますか」


ふぅん
「夫婦か何かだと思った」

優しい男性をそのまま形にしたようなグルアと、
気の強い女性をそのまま形にしたようなティアナ。


グルアは語る。

悠悟はティアナをとても可愛がり、
ティアナも悠悟が大好きだった。

ずっと、ティアナの旦那様は御上ただひとりです。
ニコ、と微笑むグルア。


ハッ

思い出したかのようにティアナが言う。

「月まで脱走したことあったけど。
あなたが勝手に御上と仲良くしてたからよ」

ツンッと横を向くティアナ。


---------------------------------------------------


ジャスミン茶を飲む彩織。

悠悟が向かい側のソファーでうたた寝している。

そもそもグルアとティアナを出したのは「彩織が退屈しないように」であった。


宴会から帰ってきて、スッとふたり(二匹)を引っ込めた悠悟。


すぅ

ぐぅ。。


良く分かんないけど

主人に忠実なんだってことは

「(良く分かったわ)」


まっ

「(悠悟の主人は私だけどね)」
 
フフッと笑う彩織。


 

BACK「ドビュッシー」  NEXT「真織」