現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ドビュッシー

月は思い出す。
永遠に刻んでいる・・・記憶を。

いつでも鮮明に思い出せる
若かりし彼らの美しい時間を。


---------------------------------------------------


日本人が好きな歴史上人物?

真っ白な、悠悟宅の二階のベランダ。(広い)

そう。
べランダの手すりに体を前のめりにしながら答える彩織。


困惑する悠悟。

「・・・」

彩織「1位と2位がたいてい『織田信長』と『坂本龍馬』なんだって」

パッと手すりから離れ、くるっと体を回して今度は背中側を手すりに預ける彩織。

ふわ〜ん

いい香りのする風が吹く。

・・・

悠悟は聡明な男である。

すぐに分かった。
彩織の『言いたいこと』が。


悠悟?
どうしたの?

・・・「ちょっと、怒んないでよ。褒めてんでしょ!」


少し切なそうな顔になる悠悟。


??
訳が分からなくなる彩織。


「そのふたりはね、悠悟に似てるのよ。

古きを廃して、新しきをドーンッ!て築き上げて来た人たちなの」


悠悟「(ドーン?)」そっと心の中でツッコむ悠悟。


悠悟?

「悠悟ったら。聞いてるの?
・・・?」


少し、沈黙が流れる。


ランキング1位だの2位だの。

「・・・・・・・・・・・・」


彩織「いい加減にしなさいよ!」

パッチーンッ!


ぶわっぶわわわわっ


びっくりするかのように風が舞う。激しく・・・


---------------------------------------------------


悠悟「当分特訓だな」

腕を組んでふぅとため息をつく悠悟。


ポロロンッ ポロッ ポロロロロッ


そこまではいい

「次が問題だ」

ビクッとする彩織。


音が凄いことになった。


・・・ピアノのレッスンである。


『悠悟君は何でも出来るから。
うちの彩織をお願いしますっ

あっ、報酬をちゃんと決めないとね』

ニコリ、と美しい笑顔で彩織の母親に頼まれたのだ。


悠悟「(他にもテーブルマナーやら習字やらブリティッシュ・イングリッシュやら・・・)」

ハァッと頭を抱える。


彩織の母親はエステティックサロン経営者である。

優しくて裏表がなく、とても素直で清らかな性格をしている。

『お願いね!』
表向きは本当に美しいのに、すごい・・・威圧感の笑顔。

断わることなんて出来なかった。


ポロ〜ンロン♪ ポロロロ〜ン♪ ・・・


ドビュッシーの『月の光』



・・・

目をつぶって聞き惚れる悠悟だ。


「彩織はそれが一番上手いな」

フフッ
えへんっ、という感じで腰に両手を当てる彩織。

「まぁねっ」


---------------------------------------------------


夜になって、再び広い白いベランダで椅子に座るふたり。


多分、一番居てラクなのはこいつ。

「(だから1位になりたい。
なれたらラクだ)」

ランキング1位になりたかったのは「彩織の」であった。


ねぇ悠悟。

「ん?」


ずぅ〜っと一緒にいないと駄目よ。

「色々教えてもらうんだから」

気楽に言う彩織。


「(まぁ大丈夫か)」

ぼんやりと思う悠悟。


しばらく夜空の星々や月を見ていた・・・。が。

パッと起き上がって、

「悠悟。・・・何でもいいわ。弾いてよ」

ピッと後ろを向いてピアノを指さす彩織。


ん・・・

スッと立って室内へとササッと歩いて行く悠悟。


ドビュッシー『水の反映』




彩織「(パチパチパチッ)やっぱり最高ねっ!
悠悟の演奏が世界一よ!」


少しため息をつく悠悟。

ドビュッシーの曲をお揃いで弾いた、ことに気付いていない彩織。


「(合わないのも一興だな)」

冷静な悠悟である。


---------------------------------------------------


月「あのふたりが何故か忘れられません」


ポロ〜ンロン♪ ポロロロ〜ン♪

『彩織はそれが一番上手いな』

『まぁねっ』


 

BACK「りょうしん」  NEXT「忠義」