現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

こわい

霧の中を、関朋子こと「トモコ」は自転車を必死にこいでいた。

「(んも〜前の人影がいっくらこいでも追い付けない〜
追い越せない〜)」


・・・

「(おかしくない?)」


何で追い付けないの?


霧で良く見えない。


あっ あの、、、あの人は


ぐあ

目が覚める・・・

「え?」

すごい今疲れる夢見たような


・・・


おしっこおしっこ、、

ベッドから降りる。


---------------------------------------------------


夢占いだと、

「あなたが大切にしている何かを失うかもしれません」

なんだってさ・・・

夢占いの本を読みながらトモコが言う。


へぇ
ミナ、こと神田美奈子が神妙に聞いている。

「でもホラ、占いって当たらないって言うじゃない?」ニッコリ笑う。


何かをうしn、、思い当たることがあるのよ

上をキュッと見ながらトモコが言う。


ミナ「思い当たること?」

トモコ「タケルのことよ。何かね、思い出しそうなの。いや、違うな。

何か恐ろしい、、いや・・・」

へ?とした顔で言うミナ。「タケル君が?」


タケルは、クラス全員が「タケル」と呼び捨てにし、先生たちさえも「タケル」と呼んでいる。

いわゆる人気者キャラ、と言えるだろう。

まるで不吉な感じでもするかのような物言いに、不思議になるミナ。

「それに、あなたたち仲良かったじゃない」
ニコッと笑うミナ。


トモコ「私 男子と仲良く話したりしないのよ。
なのに何でタケルにだけ・・・

おかしい」

「席が近いからとかじゃない?深く考えなくても」
なおも不思議になるミナ。


私いつもタケルと仲良い・・・?として、何で急にこんな気分になったんだろ。

何かを知りたくて。でもそれ知ったらヤバイ気がする。

「えー何それ・・・」
あまりの思い詰めた言い方にうっすら恐くなるミナ。


まぁいいか。

切り替えるトモコ。

「今日も〜関さん、って言うだろうから『トモコって言いなさい!』って言って、、、」


ピシッ!!


頭を抱えるトモコ。

え?

『トモコって・・・』


『トモコって言いなさ・・・』


トモちゃん?どうしたの?

大丈夫?

ミナが駆け寄る。


頭をぶんぶん振るトモコ。
「だめぇ!これ以上考えちゃだめぇえぇぇ!」

ぶんぶんぶんぶんっ!!

すごい勢いで首を振っている。


「と、トモちゃん。な、なに・・・」


ぶんぶんぶんっ!

「やだっ!考えちゃ駄目ったら!!」

すごい勢いで頭を振り耳を塞いでガタガタ震えている。


と、

「トモちゃん・・・」

ミナは言った。「ほ、、保健室、行こ?」


顔を上げるトモコ。

「やだ!!

あたしもう帰る!怖い!!」

バサバサバサバサ

急いでかばんに教科書を入れるトモコ。

「と、トモちゃん・・・」


ミナは何も言えず、立ったままだった。


髪を振りみだし、「ミナ、ごめん。せんせに上手く言っといて」

あ、明日は、、明日も来れないかもしんない!

「またね!本当ごめん。後で電話するから!」


タッタッタッタッタ

ものすごい勢いで走り去っていくトモコ。


そしてその数分後に、のんびりした様子でタケルが教室に入ってきた。


先程のこともあり、ミナは声を掛けた。

「お、おはよう!タケル君」

「おっ。おはよう。神田さん」


・・・

タケルは席に座り、カバンから教科書等を取り出している。


ミナはくるっと背を向けて自分の席に向かった。

「(あのタケル君が何かしたようには見えない・・・)」

何があったのかな。トモちゃん。

すごく恐がっていたみたいだったけど。


『あとで電話するから』


今夜、電話を待たなきゃ・・・

トモちゃん・・・


ミナはひたすらトモコの身を案じた。


 

BACK「約束」  NEXT「そう」