現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

時空を越えて

もやがかった、数ヶ月前。

愛凛がまだ居た頃。
朧浪(ろんらん)とコウの元に。


たまげた

朧浪「おっまえ頭良いなぁー」

人を褒めたことがない朧浪が驚いたように愛凛に言った。

愛凛「ん。ありがと」ニッ
愛凛は短くニコッとした。


コウ「ハーブティですよ。カモミール。
どうですかお勉強は」

コウが部屋に入ってきた。


---------------------------------------------------


ロンローン!
(朧浪の愛称)

愛凛が習字セットを抱えて屋敷をうろうろした日があった。



・・・

『彩織』

朧浪「ツァイチー(彩織)?」


私の名前になるはずだったの
今の名前はお父さんが付けたものでね

書いてみたかったんだ

朧浪「へー」

おにーちゃんに子供が、、女の子がもし生まれたら『彩織』って付けるんでしょう




省略するが、愛凛は泣いた。

お母さんがとても恋しいようだった。



朧浪は愛凛を抱きしめた。

父親がずっと傍にいなくて 母親と兄と一緒に居るという背景があったから、
母親が絶対者だったんだな

と。思う。

朧浪は愛凛の頭を撫でた。

「(迷惑が掛かるから、・・・と自ら母親の元から逃げ出したんだよな。
この子は)」


---------------------------------------------------


朧浪さん!

朧浪さん!

ぽかぽかした陽気な朝。

すっかり新妻風な感じになっているコウが朧浪を見下げていた。

ニッコリ笑って言った。

コウ「おっはようございます!」



ざ・・・ん


すぐに場面が変わる。

夕陽だ。


朧浪は、溟渤(みんお)から授かった「名賢の珠」を海に勢い良く投げて、、波がざぶんさぶんっとゆらいでいる海を見つめるコウを 見守っていた。


何も声を掛けられず。


ずっとそのままで。



私の「主君」は

『史 朧浪』ただひとり、なんです。

溟渤様には想う方がいて、お子様がおふたりいて。
それが「血族」で
誰も立ち入ってはいけない・・・


溟渤様は
いつか私がちゃんと学んで、名賢の珠を海に返すことを知っていて・・・

「私を信頼してくれて、くださったんだわ・・・」


朧浪「・・・」



神様。お許しください。私は誓いを破ります。


永遠に誓っていた、、「名君、賢臣の誓い」を今破ります!

お許しください!



私には溟渤様が全てだった。

でも


もう、私が大切なのは「溟渤」ではない。

朧浪・・・。


・・・
その様子を、後ろの建物のテラスからキセルを吸って見守る義渠(ぎきょ)。

『出来ません』

義渠『ならこの話は白紙だ』

(第5話:龍と香)

・・・


義渠「(主君を裏切らず、・・・最後には夫を取る。か)」

「人選は間違いないようだったな、朧浪・・・」

つぶやく義渠。



血、血族の長である義渠、

息子朧浪。

海の神溟渤、

臣下洋香(コウ)。


義渠が消え、溟渤が雲隠れ、

全てが消えて。

それでも、、

血が続いてゆくのを


永遠に

朧浪とコウは見守ってゆく

空間を越えて
時間を遥かに飛んで

時空を越えて。


溟渤という海から、空へとはばたいてゆく。



愛人(アイレン)!

ばったん(朧浪が倒れた音)

あいれんあいれんあいれ〜〜〜ん


あの日の繰り返し。

ずっとふたりは楽しく寄り添い。
人々を見守っていく・・・


(了)


 

BACK「縁が」  NEXT「目次」