現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

山と海

嶽岑(えつぇ)。

笑顔の美しい、素晴らしい人間だった。
義渠(ぎきょ)でさえ彼には礼儀を払い、彼の前では決して酒も煙草も吸わなかった、、くらいである。

男らしい力強さと、あまりにも か弱い優しい女性らしさ。
ふたつのものを含有している嶽岑。

史家の人間は尊敬、というよりは「畏敬」(悪い意味で?)の念を持って接していた。


妻、の不貞を「どうしようもないこと」として受け止めた嶽岑。

嶽岑「君がしたことだ。それが正しいんだろう。
正直辛い部分もあるけど、基本私は応援してる。
それに、、体大丈夫?」

少し寂しげな顔をして
嶽岑はいつも暗い顔をしている妻を気づかった。


バシッ!

義渠はある日思いっ切り娘を引っぱたいた。

あまりの凄い衝撃で、頬が真っ赤にふくれあがり、床に転がりガタガタ震える娘。

義渠「見苦しい。帰れ」

父娘は見つめあった。


娘は二度も嶽岑を裏切った。
それはつまり。

義渠「帰れと言っている」


こうして。
先に生まれた男の子と、お腹にいる女の子を連れて
日本に帰った娘。


嶽岑「君は大丈夫だから。
大丈夫。元気出して」


運命の大波は
凪の時もあれば、大波の時もあれば
津波の時もある。


---------------------------------------------------


『・・・男の子の方は純人間です。
女の子の方は人外のようです。
(略)
いつか私の元を離れてしまうような気がして怖いです。
(略)
もしも私の娘を見つける時があったら、優しくしてあげて欲しいのです。
何故こういうことを言うかと言うと
あなたは義理とは言え祖父です。
きっと何か不思議なものが働いて、あの子があなたの元に行くような気がするのです。

どうぞ宜しくお願い致します。
長い手紙を失礼しました。
それではこれにて。

・・・
・・・』


くしゃくしゃっ

日本からの娘の手紙。

義渠は一通り読んで手紙を丸めてゴミ箱に捨てた。



しばらくして、嶽岑は肺炎にかかり・・・あっけなくこの世を去った。
葬儀に参加していた人が皆驚くほど木々がざわめき、空気が騒いだ。

義渠「(山からの・・・)」

山からの風を察知する義渠。

嶽岑『山は全てをこう、鍛えるつっちゃ語弊があるけど力強い雰囲気がありますからね。
それに、『森林浴』って言葉もあるくらいだし癒される部分も有るには有るっつーか』

『だから山は好きだねっ』


山の中でもないのに。
葬儀は
まるで森林浴をしているときのような
清浄な空気が流れていた。


こうして

人外以上の存在。「神」。

「山の神」になった嶽岑。


海の神「溟渤(みんお)」の逆と言えよう。


---------------------------------------------------


所変わって。

朧浪(ろんらん)「占星術師、、を雇っていた」

え?
朧浪の方に顔を向けるコウ。

朧浪「嶽岑さんは『山の神』に成ったのだと
そう言っていた」


サァッ(風)

朧浪は笑って言った。

朧浪「愛凛さんは海の神の娘だけど、嶽岑さんに『山の神』に
懐いてるかもしれないな(笑)」


コウ「え?」

海と山。
朧浪「ふたつのものを欲しがる子」

コウ「・・・」


ポコッ
コウは胸から名賢の珠を出した。

暴奸の珠を捨てて、名賢の珠だけを持てる日が来るわ・・・
「(或いは名賢を捨てて暴奸だけを持てる日が)」
コウは祈った。


---------------------------------------------------


義渠に『朧浪に半不老不死の術を授けた。長く生きられる』
と説明したコウ。


こわい、と思いつつも頑張って話すコウ。

コウ「せわしないのは分かっているのですが。
是非孫娘の『愛凛』さんをお探ししたく」

くるり、と体を回してコウを見る義渠。


コウ「私は愛凛さんの母親代わりです。
それなら『朧浪』さんは父親代わりです」

娘、、というと気が早いですが
探してあげたくて・・・



しばらく沈黙していた義渠。

朧浪が術で半不死になったこと、病で亡くならないことを聞いても
眉ひとつ動かさずに聞いていた・・・


くるっと背を向け「良い。許す」と短く言って 背中で「もう出て行け」と語った。


---------------------------------------------------


コウ「多分知っていたんだわ」

たまに、分からないように会いにくる『愛凛』のことを。
知らない振りをしているけど、いつも彼女を近くに感じていた・・・義渠。



時空を越えてやってきた初恋の生物(生物)。

亡くなるはずだった命が先に延びた。長く長く・・・きっとそれも時空を越える。


そして
時空を越える娘『愛凛』を探す『旅』


止まってしまいそうだった針が壊されて。
無限の空に飛び立つことになった。

朧浪「(それは喜びなのか、苦痛なのか)」

空を見上げる朧浪。


 

BACK「桜の風」  NEXT「縁が」