現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ほっぺ

史 朧浪(しー ろんらん)。

中国のある組織、史家のひとり息子である。

御歳、25歳。

病魔に侵され、あと半年も持たないと言われていた。


彼は小さな島の別荘で、静かに暮らしていた。

長くて半年。最悪1ヶ月。

彼は海を眺め、残り少ない生(せい)、を静かに過ごしていた。

ちなみに史家にはたくさんの養子がいる。


朧浪「(俺が特にいなくても どうとでもなるだろう)」


ざざ〜ん


いつもより潮の香りが強い気がする。

テケテケテケ

海の方に降りてみた。


・・・

岩の陰からにゅるっとした物体が出てる。

「(くらげ??細い・・・長い・・・?)」


普通はきも〜いん、となるところだが、、何となく触ってみたいと思った。

気持ち悪くも何とも無い。


両腕で思いっきし ぐいっ! と引っ張った。


・・・

そこにいたのは素っ裸のぬるぬるした(全身にゼラチンが絡み付いてる感じの)女性だった。


すごく驚いた顔した女性は

あ、、

愛人(アイレン)!と言って朧浪に抱き付いた。


その勢いがあまりにもすごく

朧浪は尻もちをついてそのまま仰向けに倒れてしまった。


「愛人愛人愛人あいれ〜〜〜ん」

女性はぶちゅ〜〜っと濃厚な口付けをしてあちこち(頬とか鼻とか)口付けしてきた。


ぎゃ〜〜〜〜!!

シンシアー!ミランダー!!アルバート!ブレントー!!


朧浪はメイドや執事たちの名前を呼びまくった。


が・・・


ちゅ〜〜〜〜〜

・・・


頬に再度された口付けがあまりにも(略)で

「いや〜まいっちゃうな〜」な気持ちになり

「まぁこれもこれでいいよな〜」なんて気持ちにもなり、


「何でもない!!何でもないから!本当に何でもないから!ね!!」


と、メイドたちがいる方に言っておいた。


そして女性はじっと朧浪を見て「・・・溟渤(みんお)様」と言った。


テンションが急に落ちて、朧浪から離れ、
ぴゅるるん、と足を魚にしてしゅるるる、とカーディガンのようなものを出現させて羽織った。


朧浪「・・・人魚のかた、だったんですか」


あの世への旅路を間近に控えている人間である。
常識・非常識だとか、そういうものを超えた視点を持ったり、受け入れたり出来る境地に達しているのだろう。


その女性は「人魚というかくらげ女といいますか・・・」と言った。


朧浪「くらげ女・・・(想像している)」


女性は名前を聞いた。


朧浪「史 朧浪(しー ろんらん)。中国人(チャイニーズ)です。」


あ、じゃあ・・・

チャイニーズなら、、チャイナドレスですね。

そう言って立ち上がり、魔法みたいなもの自身に掛け、桃色の着物を装着した。


朧浪「(チャイナドレスって言って・・・汗。・・・あの民族衣装は・・・日本人(ジャパニーズ)・・・」


私は「洋香(ようこ)」といいます。宜しくお願いします。

ペコリ、と頭を下げる彼女。


「私は大和民族、、ジャパニーズです。ここ中国(チャイナ)だったんですね。てっきり台湾(タイワン)なのかと・・・」

朧浪「確かに台湾に近い島だから・・・」


朧浪さん、あなた毎日海を観てましたね。
女性は嬉しそうに言った。


朧浪「そうだね」


何故か、そこで全てを察する彼女。


ビユゥゥゥ・・・・


不安定な天気が続いており、
「風強いなぁ」と思う洋香。



洋香は言った。
大昔の憧れの人にそっくりだったと、そしてそれで破廉恥なことをしてしまったこと。


---------------------------------------------------


砂に文字を書くふたり。

洋香、で「ようこ」と読むのです。

ろんらんは 朧浪、、(スースースッと砂の上に書いている)

こう書くのですね

・・・

「コウ、って呼んで下さい」と洋香。


「ほっぺにチューして欲しい」
ぼそっと言う朧浪。


 

BACK「目次」  NEXT「願い」