現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

沙斗(さと)「三ツ星莫迦!」

博之「ちょっと、そこまで言うことないでしょ!(※男)」

沙斗は少し前まで付き合っていた千花の彼氏であった。
沙斗「おまえはいつも木原先輩が俺に嫌がらせをするのを間近で見てたくせに!
よくもぬけぬけと!」

千花「あれはペットを取られた飼い主、的なものだと思ってたから!」

沙斗「・・・おまえさ、俺らが別れた原因、覚えてる?」

・・・

連日連日、「高校生が分不相応の付き合いをすると『恐ろしい処』に落ちる」という説教を
悟が千花にしていたからである。


千花「面倒臭いからもう、どうでもいいっていうか。付き合いも面倒臭い。結婚も面倒臭い。
そんな気分になってしまいまして」

博之「も〜う、木原先輩の言いなりねぇ 全くこのこは」

沙斗「それで!その後の木原先輩の反応はどうなんだ!」


シュルルル
ララッ

シュルルルルル

3人は「?」と不思議な気分になって振り返った。


沙斗「・・・お」
よだれを少し垂れる沙斗。

博之「あらぁ・・・?」
少し眉間にしわを寄せる博之。

千花「(あれ?どこかで・・・)」


---------------------------------------------------


教諭「今日から1-A組に転入してきました、『波 海子』さんです」

クラス全員が目を点にした。

「何か、海海してるよなー」
「海?波、海。」
「ほんとだー」

そんなことを言う男子が現われて、やっと穏やかな雰囲気になった。


シュッ!

シュッシュッ!

部員全員が見惚れる。

バキイッ!
(瓦割り(あんまやっちゃいけない))

博之「いやぁん、強いわよあのこ
やんなんちゃう〜」

沙斗「おい、いいのか?
あの女、、、木原先輩狙ってるぞ」

千花は、同じ女としての力の差を見せ付けられ、本気で落ち込んでいた。
千花「(同じ人間なのに、、)」

海子は空手部に入部してきた。
悟と知り合いらしく、

「おお、久し振りだな」←悟
「ひっさしぶりぃ!悟君」

悟「ここでは木原先輩。そういう決まりだからな」
海子「あ、そうだった!」

こんな会話をしていた。


しばらくして。

千花「(あの人とくっついてしまえばいいのに。
そうしたら私も苦労せずに済む・・・)」
心から思えてくる千花。


部活終了時。

クラスメート「靖子と結衣?先帰ったよー。陸上部今日ないってさー」

千花「(あ、そうだった。・・・ぼーっとしてた)」


・・・
テクテク家まで歩く千花。

「(あんな根暗な人、大嫌いよ。
プライドが高くてこそこそすることしか出来ない。
脳天が痛くなるわ。。)」

(根暗根暗言い過ぎ)

ずっと

まとわり付いて色々楽しく過ごした。

一緒にアウトドアとかやって。

「(好きなら好きっていう態度すればいいじゃない。
普通に付き合ったわよ。
先輩のこと好きだし(LIKE、という意味)
ふつーに LOVE に転じて、、)」

何の面倒臭いこともなく楽しく過ごせたろうに。

「バレンタインおめでとう〜!
今年は義理じゃなくて本命っすよ!」

「おお」←反応薄い


「(普通に今と変わらずいられただろうなぁ)」


こういう形で知りたくなんてなかった。
千花はうんざりだった。


「(部屋に異性・同性問わず連れてくるな、お化けがやってくる、だの
言ってたのはこういうことだったのね・・・)」

千花はあんまり悟が力説するので「ほ、本当にお化けが来るんだ・・・」と思って
怖がって人を連れて来なかった。



ふぅ
部活の後、シャワーを浴びたのにうっすら汗がにじむ。

家に帰ってからまたシャワー浴びようか?
それよりガリガリ君買うか・・・

すると。


 

BACK「承」  NEXT「結」