現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

二学期。

靖子「まーだあっついね」

ガタッガタッ
下校時、クラス中の机を整理整頓する結衣。

靖子「結衣、まーた揃えてんの。几帳面すぎ」

「おーいおまえら、下校の時刻過ぎてんぞ。さっさと帰るー」
教諭が遠くから3人に声を掛けた。

千花「やだ、急ご?」

・・・

そういやさ
靖子「アンタ木原先輩と最近いないよね」
靖子が声を掛けた。

結衣「・・・私も思ってた。どうしたの?」

千花「ちょ、喧嘩しちゃって」



靖子「(喧嘩なんてする間柄だったっけ?
・・・まぁ冷戦期間な訳だ)」

結衣「木原先輩のこと、なんか、あるの?」

バッ!
千花が振り向く。
「ち、違、せ、先輩が勝手に」

靖子と結衣は全く動じずに千花を見た。


波扇神社。

結衣「いいのかな、神社で話したりして。雑談か・・・」

靖子「いいんじゃないかな。気にするこたないよー
何か、呼んでる気がしたよね」

結衣「した?私もー」

靖子「やっぱり?一緒!」

寒気がする千花。
「(暑いのに寒いってどういう意味)」


・・・・・・

千花は言った。

趣味でやっているんだと思った。
しかし次第にそれが「アウトだろう」っていう領域にまで行ってきた
その時付き合っていた男の子に相談したら「莫迦じゃないの?」と笑われた。

靖子&結衣「莫迦じゃないの、って?」

千花「おまえまだ知らなかったのー?木原先輩はおまえのこと・・・って」

有り得ないと思ったのよ、、と千花。

(靖子と結衣は固まっていたが無視した)


事情があり千花と悟はひとり暮らしで、隣同士に住んでいるのだが・・・

1、失恋した、もう 死にたいー!と隣の悟の部屋に駆け込み、「受験だ。非常識もいい加減にしろ!」と散々ぶっ叩かれた後に
夜遅くまで話を聞いてもらった。
2、部屋に幽霊がいるー! このままじゃ死ぬー!と悟の部屋に駆け込み、 確かに一晩泊まってずっと様子を見てみたら霊がいるっぽいと。
有名なお寺の住職さんを招き、お祓いをしてもらった。
3、夜桜を観に行きましょう〜!と午前1時半に悟を起こし、桜を観に行った。

千花はこれらをとつとつと話し、じわ〜っと涙を浮かべて
「4、夏の夜に心霊スポット行きましょう〜♪って午前2時に起こす
・・・予定だったのに」

こんなことになってしまったから心霊スポットに行けないよ。
と言った。

靖子「いまさらツッコまないけど、そ、そんなことまでして?
今まで何とも思わなかったの?(汗)」

結衣「他人様のことにどうこう言うつもりないけど」


しゅるりらら
しゅるりらら

ビクッ

3人がバッと音の方に振り返った。


そこには大変美しい女性が全身に白蛇をまとった姿でいた。

「うっ」

「(うおぉおぉぉ)」

普通、神社で、しかも白蛇なんてまとってたらびびって足がすくむだろう。
目がちかちかする3人だ。

女性は
「ひとり、頂くよ。あ、一瞬だけ
ここの神社に来てくれたお礼ー
広めといてね!」
と、かっわいい〜v と誰もが思うような可愛い声で言い、
(でも言い方が幼い)

くるりと背を向けた。

「夏の日の、想い出!」



3人はずっと目を点にしながら呆けていた。

全然、怖くも何ともなかった。



『ひとり、頂くよ。あ、一瞬だけ
夏の日の、想い出!』


・・・

「ちょ、大丈夫?」
「顔、青い?感じ」

靖子と結衣が千花に声を掛けた。


さわっ・・・

普通なら暑くて湿気たっぷりのはずの風が

不思議と涼しかった。


 

BACK「起」  NEXT「転」