現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

靖子「異世界の扉って本当にある気がする」

喜多豊(きたとよ)高校。

下校時の会話である。
夏だからかオカルト話が自然と盛り上がるのだ。

千花「多分作り話よねー
昔は私も良くだまされたけど」


---------------------------------------------------


「木原先輩、週末、空いてます?」

木原悟(きはらさとる)。賢木千花(さかきちか)の先輩である。

ふたりは空手部の先輩後輩で、とても仲が良かった。
部活で一緒にいるのはもちろん、校舎の外で会えば自然と寄り添う、といった具合である。

しかし特に付き合っているなどはない。

悟は「うっ」と厭な予感がして
「いや、週末は予定が」と言った。

ニコッと笑って千花が言った。

「色々、見ていることとか知りたk、、」

・・・

悟「・・・行こう」

くるっと振り向く千花。(くるくる歩いていた)


---------------------------------------------------


悟は変態であった。
もちろん、普通の意味ではない。
(どういう意味・・・)

千花を見ているのである。いつも。

千花は気にしないようにしていたが、
とうとう我慢が出来なくなった。

「何でそういうことするの!やりすぎでしょうが!」
とカンカンになってしまった。

しかし本人に聞くのは失礼だし、、どうしたものかと思案に暮れていた。
罠を仕掛けていたりしたのだが、ことごとくひっかかる。
さすがにもう懲りただろうと思っても懲りた様子が無かった。


夕暮れ時のファミリー・レストラン。

千花「普通だったら今は練習してる頃ですよね(部活)」
腕を組んで言う千花。

悟は静かな顔をして黙っていた。

千花「何でやめないんでしょう」

悟「見ていない」

周りの人間たちは「高レベルな言い争いをしている・・・」と勝手に思って声を小さめに話した。

千花「何のつもりか分かりませんが。
やめてもらえませんか」

悟「見ていない、と言っている」

千花「・・・はい
良く、分かりました」

ガタッ

千花は立ち上がった。

パサッとお札(おさつ)を置き、言った。
「せ、正攻法でっ、、来て欲しいです」


---------------------------------------------------


秀一「・・・で。正攻法で未だ行けないと」

昼食時である。

悟「・・・」

栄吉「いーじゃん行っちゃって。
男らしく行っちゃいなよ」


悟は今までず〜っと千花が様々な男子と付き合うのを見てきた。
その都度、「分かってないな」と千花を莫迦にしてきた。


悟「(・・・何だか面倒臭いな)」

悟は全てが面倒臭くなってきた。

自分が千花とどうこう、という状況を考えていなかったのである。
千花の情報を得、千花の信頼を勝ち取り、千花の兄的存在になる。
それのための努力は惜しまなかった。

悟「(見事達成した。詰めが甘かったか・・・)」
悟は頭が痛くなってきた。


正攻法、という言葉。
「(深い意味ではないだろう)」とぼんやり思う悟。


イケメンな不良、栄吉が聞いた。
「なんで付き合わないの?おまえら仲良いじゃん」

悟は病的な臆病者であった。

秀一「賢木さん。また誰かに取られちゃうぜ」

悟は取られ慣れしている。
どうせ千花は根が真面目だから不健全なことは絶対にしない。
だから安心だと100%思っていた。


悟「あいつはただの後輩。何とも思っていない」

栄吉「おまえさ、根が暗いよな(汗)」


・・・

靖子「おーっ、あの丘の。木原先輩じゃん?」

結衣「あ、ほんとだ」


千花は一瞥し、くるっと背を向けた。

「あんな根暗な人嫌い」


目を点にする女子ふたり。


「・・・護符とか作って祈ってそう。
根暗だから!」



ぶあっくしょっ

丘の上では悟が盛大なくしゃみをしていた。


 

BACK「目次」  NEXT「承」