現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

愛凛とみんな

ざざん。

むさむさ

コウおかーさんどうしってかなぁ
春夏秋冬(ひととせ)餅を食べながら海岸のそばで考え事をする愛凛。


後ろではこの時期に開催しているお祭りの音が聞こえている。

『春夏秋冬(ひととせ)祭り』である。


女性「ちょっと。白いお餅ばっかり積むんじゃないわよ」

だから、あなたのは『青紫』から、『空色」でしょ。

男性「そうだったか?」

もう!
「折角来たのに!伝統の、、
は〜ぁ、もういいわ」


ん・・・?

愛凛は岩に体を預けて立っていたのだが

くるっと後ろを振り返った。


愛凛「・・・・・・」

くるっ

思わず背を向ける。


女性「私はぁ、ホラ、赤紫から桃色に。ほらっ出来た!」

男性「ほー」

女性「悠悟もぉ、ホラやんなさいよ。ここの名物でしょ
もお 私やるわよ」


そぉっ・・・

再度見る愛凛。


『たかくん!』

『何だ』

『ほらぁ、口の周り、ケーキついてる』

『あっ こ、これは。わざと付けてるんだ!』
『あ、そうなの?』


・・・?

愛凛「(あのふたりがどうして思い浮かぶんだろ)」


人外の同級生。たかとけいこ。

大昔の思い出。


・・・

ふわっ
びゅううっ

びゅうううぅっ

「(男の方、すごい人みたい。・・・たかとけいこの子なのか)」
凄まじいパワーゆえ、すぐ分かる愛凛。


---------------------------------------------------


愛凛はいつも海にいる。

海から生まれて、海にいて。

海の中で眠りに就く。


文香。

「(あなたは血の繋がらない姪だった。
さっきの人。あの子が本当の姪なんだね
餅積んでた)」

『ちょっと悠悟!順番通りに積みなさいよ!(※積み餅、という名物なのだ)』


蜃気楼の起こる条件がないのに蜃気楼。

その中を歩く愛凛。


コウおかーさんどうしってかな

ロンロン(父の愛称)悲しいかな


高志・・・未だに濃い顔で物理教えてんの?

文香、、弁護士大変?

(※濃い顔関係ない)



前が見えない程の霧の中

場所は変わり、山の中である。


ヒョロロ〜

ヒュルリ〜

ヒョロロ〜


長いこと経った。


あっ

振り向く愛凛。


---------------------------------------------------


「笛吹いてるおちびさんがいると思ったらあいりーんだった」

愛凛「会いに来たの」

「そっか。じゃあたこ焼きでも食うか」

(無駄を省きます)


「こう考えればいいんじゃないかな
『皆を見守る』っていうの」

愛凛「見守るなんてそんなガラじゃないよ」



霧の中を泳いで帰る。

愛凛は海の神の娘。


たまに山の神と会う。
(さっきの・・・)


「皆を見守る・・・」

そっとつぶやく愛凛。



「悠悟?」

男性「ん」

・・・?

「今誰か」


誰か・・・


愛凛は。
常に見守っている。

海より出でて、月に乗り、皆を見ている。


男性「良い月ですな」


(了)


 

BACK「愛凛と幻」  NEXT「目次」