現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

見えない

小さな世界 > 第7章「交錯」
 



静かな寝息を立てて寝ている俐人。

寝付けずにいつもの幾何学柄パジャマで横になる妃羽。

倦怠感、風邪特有の頭の芯のぐらぐら感、が良くなっていることに気付く彼女。
そして偶然かもしれないが、未生命の悪夢は見なかった。

俐人を見て思う彼女。
「(この人との絆がダメになれば、全てがダメになるのね。全てが!)」

G層はふたりの物質だ。

まず、ふたり有りき、なのである。

G層の基礎?たるふたりが離れていれば、物事は崩れる。

片腕を額に当て、フーッと息をはく妃羽。
「(主人公?って大変・・・)」


・・・

私が主の力から開放されるのを見越して、未生命たちは・・・
と思う妃羽。

主の力が抜け、個人になったところを、未生命たちは攻撃したと思われる。

俐人と一緒になり、基礎がきちんと出来て、さらにラーチャからのブレスレットによって、
未生命たちからの攻撃を防げたのだ。少し・・・ではあるが。

・・・
どんなに問題があろうと、俐人と離れるべきではないのだ。
ブレスレットで未生命たちを防ぐ、以前の状態になってしまうし、
実際に体力的にも心的にも調子が悪い。

ハーブティーのセントジョーンズワート(気持ちを静める)を飲み、ふーっとひと息つく妃羽。

『テレポートする動物』という本が目に入った。
俐人の横のガラステーブルにある。


俐人「寝なさい!」
突然起きて怒る俐人。

体調を心配しているらしい。

お、起きてたのね
妃羽は驚いた。


・・・

寝付けず、どうにか出来ないかと思う。
あの本だ。

「(読みたい・・・なっ)」


ふぅっ

妃羽「(今日はいいけど、たくさんだとさすがに嫌われるよね・・・
参った・・・)」

物質的な欲望は生きている者なら当然出てくるものだろう。
しかし程度というものがある訳で・・・

妃羽は加減が分からず、「これは嫌われるのでは?」とか
神経質に考えていた。


あからさま(露骨)に書くと、

精神的
→好きという気持ち

物質的
→単純に求める


あまりに今まで俐人を深く精神的に・・・だった妃羽。
とても深かった。

「(こっちに転じたら、・・・すごいことに)」
天井をじーっと見ながら、『でも精神的なものは疲れるからいいか』などと現実逃避をする女。


『ハッキリ言やぁいいんだよ』
バシッと言った暘谷。

本人に・・・相談・・・


出来るかーっ!!
・・・と思う妃羽。


俐人「何だ、まだ寝てないのか!」
いきなり起きる彼。

なっ
「(何で起きてるのバレてるんだろう・・・)」
汗をかく妃羽。


部屋には、獅子、虎、猫、のぬいぐるみが飾ってあるのだが、
ふふふっ、と笑っているように見えた。


-------------------------------------------------


『テレポートする動物』を読み、レポートに自分の考察を書いていく妃羽。
ユウが来たら、わざと見せ付けるようにしようと思った。

カリカリ.....

・人間の男性である
・魔法を掛けられている
・別の世界からやってきた

ゾクッ
妃羽は動揺した。

妃羽「(やー。だって。一緒に寝たりしてるじゃないの
お、男だったらどうしようっ 人間の・・・)」

・・・
妙な感覚がよぎる。

主人公?特有の力なのか。


うーん
えっと

そうだっ

「(何かのジェンダー?希少の・・・)」
(その通り)


バサッ
レポートを見る妃羽。

いくつか色々と長い考察が書かれている。

フンッ
「(今日こそユウが来たらとっちめておかないと)」
テレポートする直前でぎゅーってしてやる、と思う妃羽。


 

BACK「踏み出し」  NEXT「対称」