現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

突飛

小さな世界 > 第7章「交錯」
 



暘谷邸、パンダルーム。


「暘谷さんはどういう人が好みなのですか?」
妃羽が聞いた。

暘谷はあっさりしていた。

「んー・・・あんまり」

「俺って異常なのかな。女に興味無いんだよ・・・」

・美しさは分かる。妖艶さも分かる
・でもゲイではない

ただ

「君にプロポーズしたのは、意外だったな・・・」

あからさまに、煙草が吸いたくてイライラしている暘谷に、
「た、煙草、吸って来ていいですよ」
と言う妃羽。

立ち上がり、
「ん、すぐ」
と言って窓のところに行く暘谷。

「すぐに戻る」、を言いたかったらしい。



何となく
こう
ずっと押し殺していたような
そういう感じを受けたような・・・
思い出す妃羽。

「(でも、私は俐人様だけだし。
100%無いけど、もしも暘谷さんが私を想っていたとしても
うへっ、、な、何も出来ない・・・
する必要もないけど)」

戻ったよ。
スタスタ歩いてくる暘谷。


妃羽は混乱した。
「(も、もし、もしもし、暘谷さんが「そう」だったら
私は大変無神経なことを相談しているのではっ・・・)」


そのまま、奥の冷蔵庫に向かい、何かを取り出そうとしている暘谷。

・・・

妃羽「あのっ!」


「シザーサラダ、おつまみ色々、ビール、レモン水」
戻って来て、トンットンットンッ、と並べていく暘谷。


時間があまり経ってないように見えて、もうすぐ夕食時なのだ。

夕食を『兄』でとるのはやめて、ここで軽く済ませようと彼は考えていた。
(これらは前菜)

レモン水を握りしめ、妃羽は聞いた。
「のー、ののの。の。あ、あのー、私のこと、好きですか?」

ハッキリ言え、スピリットが移ったようだ。


疲れたように暘谷は言う。
「好きだけど?」

ティラリィラリィ〜ン.....


妃羽は脇ではなく、腰に汗をかいた。
姿勢が良すぎたのだろう。

そ、そういう意味ではなくて。
LOVE、の方です。と妃羽が言う。

暘谷「好きだって言ってんじゃん・・・」
やはり疲れた声で言った。


(早送り)

・無神経なことを言ってしまっていたのでは→困ってんだからしょうがねーだろ
・嫉妬とかそういう気持ちは・・・→うるせーな
・私と一緒の時は嬉しかったですか→は?何言ってんの?
・一緒の時、夫婦らしいこと、したくなかったんですか→片想いだから


今日は魚料理にするかなー、と考える暘谷。

「(カルシウム摂らないと)」



テレビを観ながら言う暘谷。

「女に興味は無かったけど、君は特別だったんだよ」
何故こうも、ハッキリキッパリ、恥ずかしげもなく普通に言えるのか・・・


ハッと気付く妃羽。

「そ、それなら『ぶ、物質主義的な私』って嫌われますか?男子に!」

暘谷が「一応正常?」だと知ってガッツいて聞く妃羽。


(間)


暘谷「俺は厭じゃないよ。厭ならぶっ叩けばいいだけだから」


暗くなってきたので、カーテンを閉め、リモコンで各部屋を点灯してゆく暘谷。

しゃがみ込み、「(暘谷さんとだったら楽しいし不安もないし相性抜群だったのに)」
と思う妃羽。


もしも 『主の分身人形としての私』に引き寄せられているのならば、
他の人間たちも同じ状態になるはず・・・

しかし特にそんなことはない。

だとしたら暘谷さんは『力』とか関係なく
私のことを・・・
青くなっていく妃羽。


-------------------------------------------------


暘谷「じゃ、な」

妃羽は何度もお礼を言い、新しい曲が出来たらお報せします、と言った。

「何でも、気合いで行けよ」
激励?の言葉を言う暘谷。

な、何でも気合いで行ったら疲れちゃいますよ、とニコニコして反抗?する妃羽。



・・・

ドアに向かう途中で振り返る妃羽。

「暘谷さん」

「その、、あの。あーえっと。あの、、あ・・・あのぅ
あああ あの へ、変な意味じゃなくて!一緒に、寝て、、下さい・・・」

妃羽はすぐに言った。
「変な意味じゃなくてっ。同じ場所にどうってだけで
同じところってだけで。
どうしても何か私・・・あ、甘えてみたく、、」


<略!>


暘谷「そりゃ願ったりだけど。俐人様には言うよ?」

「当たり前です!」


こんな時に限って、トライアングルの音が鳴らないのであった。


 

BACK「パンダの中で」  NEXT「獅子たち」