現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

音楽の『弟』

小さな世界 > 第7章「交錯」
 



暘谷邸、離れ『弟』

本邸:『兄』
離れ:『弟』

召し使いを野菜名にする暘谷である。
説明は要らないだろう。


愛称を付ける理由は「知らない人が覚える時に覚えやすいように」だ。
(案外優しい?)


ざかざかとせっかちに妃羽の手を引っ張り、『弟』に連れて行く暘谷。


離れはとてもキレイで、本邸をそのまま小さくしたような感じであった。


暘谷がそのままピアノ兼音響室に妃羽を連れて行こうとしたが、
「メシ済ませた?」と彼女に聞いた。

食べました、と言いながら
「(妙に優しい・・・?)」

と疑問に思う妃羽。


-------------------------------------------------


ドンッ引きする妃羽。

暘谷は『森林』〜『河川』までのCDのオリジナルカバーを
有名カメラマンに頼んで撮ってもらった写真を元に作成した・・・のだそうだ。

どれもこれもお金を掛けているだけあって、美しい。

妃羽は頑張って言った。
「ここここんなに素晴らしい曲じゃありません。
写真と中身が合って・・・ない」


ゴソゴソと何かを取り出す暘谷。

何かを手に取り、立ち上がって妃羽の方を向いた。

暘谷「これ、『業火』の歌詞付きなんだけど歌える?」


へ?
突然の申し出。


妃羽はたまに、暘谷の元にいた時に良く歌を歌っていた。
その都度、口にこそ出さないが「こいつは天才だ」みたいな顔をしていた暘谷。


妃羽はもちろんその申し出に乗ったが・・・
こんなに過大評価してくれる暘谷をがっかりさせてしまったら、、と緊張でガクガク震えた。


数回練習をして、さぁ本番を歌う!

となって深呼吸を・・・
となった瞬間

「もういい!完璧だ」
と暘谷が言った。

は?と妃羽が青くなった。


彼曰く、良いのを歌われたのに、それ以下のを歌われると『上書き状態』になってしまうので、
このままでいい。とのことだった。


・・・

白髪になった妃羽。

妃羽「あの、練習の時のが、良かったんですか?」


(無視)
「じゃあ『森羅万象』を聴こう。ちょっとこっち来い」

ジャイアンだなー(国違う)と思いながら暘谷の誘導する音響室に行く妃羽。


とても質の良い音響で『森羅万象』が流れる。

暘谷がゆったりと椅子にもたれながら、略な顔をしている。


さすがにどうしていいか分からなくて何処かにちょこん、と座る妃羽。

「森羅万象のCDカバー・・・何がいいかな」



妃羽は気付いた。

暘谷さんは、『主』の思いに敏感なんだ。

『森林』『業火』『挑戦』『山岳』『財宝』『河川』・・・

主の分身である私と繋がった俐人様の『森羅万象』

カタン.....

暘谷がやっと席から立ち上がった。


-------------------------------------------------


ベートーベン:ピアノソナタ第14番「月光」

暘谷の好きな曲である。
というより、「これしか弾かない」と心に決めている曲である。

(他はネコ踏んじゃったも弾けない)


妃羽は後ろで聴きながら、
「(嗚呼、、月の女神ダイアナ、もしくは月読命(つくよみ。月の男神)みたいな・・・
本当に暘谷さんの『月光』っていいなぁ・・・)」
といつも通り感動していた。

どうせ妃羽がもう1回弾いてとリクエストするので、続けて2回目を弾く暘谷。


ふわぁん.....

部屋に、窓から風が入って来た。
レースのカーテンがふわっと舞う。

・・・

流れる『月光』。


どうしてなのか。

みなを思い出すのである。

この曲を聴くと―・・・。


 

BACK「偏り」  NEXT「パンダの中で」