現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

操る手

小さな世界 > 第6章「休息」
 

  


主は思う。

主「(人形遊び疲れちゃった)」

後ろでは時計台の、時計盤の下に流れる滝の音がする。
ドドドドドドドドッ
ドドドドドドドドッ

・・・

A層を色々メンテナンスするロボットたちがあちこち動いている。

ピーッ

ピピーッ

「ヌシサマ、ゴキゲンウルワシュウ・・・」
カクッ

ピー


ロボットは遼一がかなり嫌っており、あまり使用されていないのだが、
時計台は『特別』とのことでここでは何十体か設置されているのである。


じーとロボットたちを見て
「(ロボット遊びも楽しそう)」
と思う主。

んー
「(ある日感情とか芽生えたら面白いよね うーむ
影響力を試せる・・・っ!)」


・・・

すぐに飽きて飛空挺に向かう主。


-------------------------------------------------


声『面を上げ』

柔らかく、面を上げた、ラーチャ。
その時はとても美しい女性の姿だった。


声『そなたは私の人形。大切な大切な・・・人形。
幸せになってくれ。それが私を幸せにする』

これ以上ないくらい、柔らかに微笑んだ、創造主。


そして、『分裂の儀』が執り行われた。


ひとりの人格では自分を支えるのは困難であろう、と

ラーチャという人間の人格を、
『幼い女の子』『凛々しい男性』に分裂させたのである。

外見は『幼い女の子』になった。

ふたつの違う要素を持つ人格は、彼女の人形遊びに対する精神力を強めた。



「地球」
後に「G層」と呼ばれるところにラーチャは降り立った。

すでにたくさんの人形がひしめき、色々と人形たちと時を過ごした。



「もう、いやっ!!」

ラーチャは空に飛んで行ってしまった。
ある、、日のことである。。

彼女の足元にはたくさんの土がくっついていった。
「ついて行く」
そう土たちは言うかのように、ラーチャを追い掛けて行った。

土たちは次第に大きな大きな土地になり、ついには巨大な島となった。

ラーチャは何ヶ月、、1年の飛行を止めた。


今のような、周りが雲だらけの島・・・などではなく、とても大きな土の世界だった。


ラーチャはそこである、とても美しい土を発見した。

「大和の土じゃん」
ラーチャは笑顔を見せた。

そして最初に誕生させたのが、
遼一と美智であった。


-------------------------------------------------


ユホロリア海岸、東屋。

花宇「え"〜っ?」

花宇は立ち上がった。
「だ、だって」し〜ん・・・

ペタン.....と座る花宇。
・・・静朝が言った。
「まぁ、俺らと楽しく過ごせばいいってことで」

華夜が遠慮深く言う。
「あ、あの。冴子さんがおっしゃることは本当だと思いますから
休んだ方がいいのではと・・・」

ざざん.....



先刻―・・・

冴子『少し、休んだ方が良いような気がするわ
A層〜G層を行き来して、記憶もいじられて・・・
相当体力を奪われてるわ』

彩海も同意した。

冴子は彩海に頼んだ。
『じゃ、花宇さんのこと、宜しくね』

彩海は『ええ』と言った。



―現在

静朝「ということになりまして。
冴子さんから言いつかっていたのです。
容姿が分からなかったのでカマトトぶって調査してですね ハハハ」

花宇は驚く。

華夜が言った。
「清子さんと沙耶子として・・・
花宇さんとして・・・
と、とてもた、たいへんっだったと、思います えっと」

あまりの恥ずかしがりように、静朝がフォローした。

あー
「華夜はいつもこうなんですよ 可愛いでしょ
小動物系っていうか」

華夜は「しょ、小動物系って何ですか?」と拗ね、
静朝は「おみゃ〜さんのことだよ〜」とからかった。



ん?と気付く花宇。

花宇「・・・・・・(何か、これは)」
彼女は理解する。


花宇「(この前の千条院さん、と奥さん(いるか分からないけど)が
理想の「お父さんお母さん」で、

このおふたりが、「理想の夫婦」、なんだろうな)」


「(残りの3人てなんだろ)」
う〜ん・・・と思う花宇。


petite*pomme


 

BACK「絶対」  NEXT「飛空挺の中」