現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

絶対

小さな世界 > 第6章「休息」
 



ユホロリア海岸。

主のお気に入りの海岸である。

たいていは前回花宇が見た男女が出入りしている。

この海岸は、掘ると様々な本やら、映像再生メディア(G層で言うDVD)、音楽再生メディア(G層で言うCD)、
そういうものが出てくる。

本は、絵本、おとぎ話、童話、漫画、小説、純文学、

映像は、ドラマ、映画

音楽は、クラシック、ポップ


・・・


その中から、主が『キャラーズ』を選び出す。

星の数ほどあるメディア。
たくさんたくさんある様々な存在、、

その中から、「何となく」選び出す主。
好き嫌い関係なく、「何となく」・・・


ざざ〜ん.....


全然慣れていない、ボーイズラブものを読んでゲホッゲホッとむせてしまった主。
いっぱい読める!と思い、一気に丁寧に(丁寧に)20冊読んでしまった。

「ぜ、全然慣れてなかったから、、う、、気分が・・・」
潮水はとても温かく、その温かさに浸りながらフゥ、、と息を吐く主。


男女ふたりは、(特に女性の方は)懇切丁寧に花宇に
様々な状況を説明した。

1、残酷物系以外のメディアを「すべて」見て『キャラーズ』を探そうしていた
2、ボーイズラブに挑戦したら撃沈


主はパッと立ち上がり、遠くに行ってしまった。

・・・

女性は立ち上がり、「主様!」と追い掛けようとし、
「いいよ」、と男性は腕を掴んだだ。


カチャッ
ズズーッ

浜辺のすぐ近くの東屋のような場所で「七橋」という八橋に似せた食べ物を食べ、
玉露を飲む男性と女性。

男性「へぇー、C層から来たんですか」
女性「で、今はA層・・・」

ふたりは夫婦で、「静朝(せいちょう)」「華夜(かや)」と言った。

静朝「でもすごいっすね糸だなんて いやー」
糸を知らないのに知ったかぶる静朝。


もじもじしつつ、困った顔をする花宇。
「何故ここ(A層)に来てしまったのか分からなくて。
早く?D層に行かなければ行けないのに」


-------------------------------------------------


ある、とても大きな宮殿。

今日は赤系統の様相らしい。

あっふっふぅう、、あっふぅ、、
「(早くここから抜け出したい)」

飲み込まれる。権力に。
目開けていっぱい見たいし、目つぶってたい。
早く帰りたい。

目をぐるぐるさせながら、いつも通りふらふらして
その宮殿を通る主。


やっと辿り着いた、謁見の間。

階段が幾重にも連なり、階段の両側にはキレイなレースのとーっても長いカーテンが引かれている。

階段の一番上の、姿も何も見えない存在が声を掛けた。

「ラーチャ、久し振りだな・・・」

ぼーっとしていた主。
すぐにひざまずいて「創造主様に於かれましてはご機嫌麗しく・・・」と言った。

声「免礼」


・・・

「という訳なので御座います。

G層に期待している訳では御座いません」



・・・

主「(今日も、お言葉をいただけなかった
・・・)」

主お気に入りのユホロリア海岸を歩く。

決まった石をグリッと回せば、ポコッと良い場所に穴が開き、
そこで温かい温度で眠ることが出来る。

・・・

フゥッ、と息を吐き、A層の中央広場に向かおうと、飛空挺に向かった。


ピーッ

認証がされ、ドアが開いた。

ズ・・・ガシャ
ドウンッ

・・・

普通の速さのように思えるが、実際はすごいスピードで進んでいる。



<中央広場・時計台>

ディーンンンンン・・・・・・・・
ディン・・・
ディィィィィーン・・・・・

大きな、大きな。
時計台。


世界を区切る、時計台。

霧に囲まれている。

そして下ではすごい勢いで滝が流れている。


主はそれをずっと見ていた。


今の時間はどのくらい流れて、いつ壊されるの。
「(全てを、壊す日は来るんだろうか・・・)」
のんきに考える、主。




 

BACK「めまぐるしく」  NEXT「操る手」