現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

一瞬の

小さな世界 > 第6章「休息」
 


<寝室>

花宇がD層、という『違う世界』に行ってしまう、ということを聞いた妃羽。
世界がいくつかある、ということを聞いている彼女は、「一体何がどうなって」と
混乱したし、
何より花宇が去ってしまうことに衝撃を受けた。

花宇「もう『あなた』が幸せになった、からいいんです」
ニコッと笑う彼女は、誰か違う人を重ねて見て、言っているようだった。

現在―・・・

図書館から借りた本をうつ伏せで読みながら、花宇とのもうすぐの別れを考えて
ぼーっとしていた。

ごしごし目をこすり、電気を消しに行く妃羽。
(リモコンはいつも遠くに置いてある)


妃羽「(今日は悪夢あるかな
たまにはどんな姿しているのかまじまじ見てみよう、かな
・・・何かの図鑑に載っている存在かもしれない・・・とか)」

空気を踏むように、というアドバイスをラーチャから受けたが、
毎回毎回恐ろしくて強気に出れず。
必要以上に力が入り、次の日に大変な筋肉痛になっているのである。




そこは、灰色の洞窟。

前は黒かったが、今回は違う。


長身の黒衣の男性と、シュンユーがいる。

シュンユー「紹介するわ。私のパートナー。「竹流」
強い人よ」

竹流はどぎまぎしている。
人間の姿では初対面だからだろうか。



妃羽は息を飲んだ。

見事な銀髪。
「(美しい人・・・)」
声に出しそうになった妃羽。

しょぼーん、とした顔でシュンユーは言った。
「私、調子に乗ったわ」

先日の『悪夢から救うわ。任せてね』のことを言っているらしい。


洞窟から垂れるしずくで、ピトトトン、という音がずっと止まらない。

ええともしかして・・・
あの時の ウグイスさん?
妃羽が竹流に問い、

「あ、ああ。そうだよ。あれ?(シュンユーの方を向く)私ウグイスだったっけ」
と言う黒衣の男性。

確かに少しだけ、かすかだがエメラルドグリーンとブルーの色が入っている髪。
ウグイス髪?と思う妃羽・・・。



3人で何故か洞窟を歩いている。
先頭はもちろんシュンユーだ。

「私とたけちゃんならいくらでもどーにでもなると思ったのに」
少し残念そうにしているシュンユー。


「この夢の中なら入れるの
実際の『この世界』には入れないけど」

妃羽の夢の中には入れるのだが、G層には直接入れないとのことだ。

洞窟の先には光が見えるが、いくら歩いても光の場所までは行けない。

シュンユー「人類の希望が薄いってことよ
あなたの心(夢)がそれを現しているのね」

竹流がたしなめる。
「シュンちゃん!」

ジャリッと少し前に出て、「あの」と言う妃羽。


ジャッジャッジャッ

3人が同時に後ろを振り向いた。


とても凛々しく、オーラのある子供がやってきた。

竹流が嬉しそうな声を上げる。
「あれー?禅さんじゃないすか。あれ、どうして。あれ?」


-------------------------------------------------


禅、と呼ばれる子供は壁に寄り掛かって腕を組んでいる。

竹流は胡坐、シュンユーは両脚を伸ばした格好、
妃羽は正座。

シュンユーは弱気な声を出す。
「主はなぁーに考えてんのぉ?」

竹流は言った。
「禅さんを簡単にここに送り込めるなんて。
そんなこと出来るならG層に簡単に、みんなを送り込んでくれてもいいのに
様子伺ってんのかなぁ〜、いや・・・」


ピトトン ピーン!

洞窟の水滴が気になるのか「気になるなー どうにかならんかなー」と軽く言う竹流。

シュンユーは説明した。
G層が未生命に覆い尽くされ、悪バリアー?でF層より上にいる存在たちがG層に入れなくなった。
でも竹流だけはG層に行ける。
シュンユーはようやく妃羽の夢の中に入れるようになった。

「竹流さんが、特別なのは?」
当然聞く妃羽。


「何だっけ、8徳ってやつよ
主が人に求めるなんちゃらっていう」


あー、なるほど・・・
・・・


パッと目が覚める妃羽。

「(あれ?)」

・・・

ベッドから降り、またバサッとベッドに身を横たえる。

何かためになる事聞いたのに!
・・・忘れちゃった・・・!


チュンチュン.....

小鳥がのんきにさえずっていた。


 

BACK「力」  NEXT「有象無象」